Futirismo Blogを WordPressから Hugoに移行しました

    このブログは、WordPress と 賢威テンプレートでながらく運営してきたのだけれども、 不意にべつのブログエンジンに乗り換えたくなってきた。

    • WordPressよりもモダンな感じがいい、シンプルな感じがいい
    • Markdownで書きたい
    • デプロイとかコマンド一つでやってのけて、かっこよくふんぞり返りたい
    • PHPとかMySQLとか、一世代前なもののような気がしている
    • 100年続くブログを作りたいので、DBにデータがあるよりかは、プレーンテキストで処理したいところだ。

    静的サイトジェネレータというものがWordPressのような 動的サイトの対抗馬として人気を集めているらしい。 動的サイトは、閲覧者の要求によって、DBアクセスをして情報を収集して、ページをその場で生成するので、時間がかかる。 それに対して、静的サイトはあらかじめ生成されたものを表示するだけなので、早い。

    静的サイトジェネレータに移行を検討してみた。以下が候補。

    • Hexo

    • Hugo

    • Jekyll

    • Octopress

    Hugo がよさそう。2018年もっとも勢いがありそうなので。

    また、Hugoの特徴としては、Go 言語でかかれていて、 他のテンプレートエンジンに比べてとても高速なようだ。

    また、Gitで記事を管理して、pushと共にサイトにdeployするしくみを導入したい。 しらべてみると、netlifyがイケてる。 netlifyはデプロイ先の場所を無料で提供してくれるWebサービス。

    というわけで、Hugo と Github とNetlifyという組み合わせでのサイト構築をしてみた。

    途中のカスタマイズは記事に書くのは省略するが、なんとか移行完了。

    大きな課題は、過去記事の多くをWordPressのPluginの助けを借りていたため、 Markdownに変換してもうまく情報を引き継げない。

    これは手動で修正していくしかないかな。。。