Ruby on Rails Tutorial を フロントエンド Reactでやってみた

thumbnail

Ruby on Rails Tutorial by Michael Hartl の フロントエンドを React で実装しました。

概要

Rails エンジニアならば誰もが知っているRuby on Rails Tutorial 5.1 (第 4 版)を 実装したリポジトリです。

ハイライトは以下の 3 点です。

第 11 章、第 12 章は実装していません。 テストは実装していません。 その他、実装していない機能もあります。

Install

$ git clone https://github.com/tsu-nera/ruby-on-rails-tutorial-with-react.git
$ cd ruby-on-rails-tutorial-with-react
$ docker-compose build
$ docker-compose up -d

苦労した点

苦労の連続でした。

  • flash がつかえない
  • Form がつかえない
  • erb で参照てきたインスタンス変数が参照できない
  • paginage がつかえない
  • post, patch, delete request ができない

一応、それぞれ苦労して解決方法はみつけたのですが、まあ大変。

感想

Rails と React の組み合わせは Web 上にも情報がないため、 今回の試みはリスクがあるものでした。実際にやってみて、その理由がわかりました。

Rails と React のデータのやりとりが複雑になります。

Web の情報が少ないことから、特に強い理由がなければ、 素直に erb を利用したほうが、開発効率がよいと感じました。