ローカルCIでRails開発を加速する!overcommitの紹介

thumbnail

現在、開発に CircleCI が導入されており、GitHub に push 後に静的解析が走るようになっている。

とくに rubocop が動いており、こちらが push 後に悪いところを指摘するので、再 commit が必要になる。

できればこれを改善したい、なんとかならないかと思っていた所、commit や push 前に rubocop を走らせる overcommit なるツールを見つけたので紹介します。

できるようになること

設定を追加することで、commit 前や push などにツールを走らせることが可能になります。

  • yarn install
  • bundle install
  • rubocop
  • fasterer
  • brakeman
  • reek
  • railsbestpractices
  • eslint
  • rspec

しかも、マルチコア対応なので、通常はしらせるよりも高速です。私は 12 コアなので、一瞬で終わります。

使い方

gem で提供されています。

$ gem install overcommit

git repogitory で有効にするには、overcommit --installを叩いてください。

次に、.overcommit.ymlを作成して、設定を書いていきます。 参考までに私の設定を書きますが、公式の README に詳しい設定項目が載っています。

PreCommit:
  RuboCop:
    description: "Rubocopの実行"
    enabled: true
    command: ['bundle', 'exec', 'rubocop', '-c', '.rubocop.yml']
  AuthorName:
    description: "gitのユーザ名チェック"
    enabled: false
  Fasterer:
    enabled: true
    description: "パフォーマンスチェック(fasterer)"
  BundleAudit:
    enabled: true
   description: "脆弱性チェック(bundler-audio)"
  Brakeman:
    enabled: true
  RailsSchemaUpToDate:
    enabled: true
  Reek:
    enabled: true
    command: ['reek', '-c', 'config.reek.yml']
  RailsBestPractices:
    enabled: true
  EsLint:
    description: "eslintの実行"
    enabled: true
    required_executable: 'npm'
    command: ['node_modules/.bin/eslint']
    flags: ['--format=compact']
    install_command: 'npm install -g eslint'
    include:
      - 'app/javascript/**/*.js'
      - 'app/javascript/**/*.vue'
      - '.eslintrc'
PostCheckout:
  BundleInstall:
    description: "bundle installの実行"
    enabled: true
  YarnInstall:
    description: "yarn installの実行"
    enabled: true

設定をし終わったら、overcommmit --signを忘れずに実行してください。 これで commit や checkout 後に処理が走るようになります。

もし、commit 後の挙動を事前にチェックしたいならば、overcommit -rを打ち込むと OK です。

まとめ

開発に CI を導入することはよくありますが、これは個人レベルのローカル CI です。

CircleCI は GitHub の番人としてありますが、ローカルでも細かく CI をすることで、開発フィードバックをうけ、開発を加速させましょう!

参考