2018年の振り返りと2019年の目標

thumbnail

ども、tsu-neraです。毎年恒例の一年の振り返りと目標設定について書きましょう。

過去の振り返りはこんな感じてす。それでは、レッツラGo!

2018年振り返り

2018年目標に対する評価

年初の目標は、以下でした。

  • Kaggleをやる
  • JDLA E試験を受ける
  • 婚活する

結果は、全部ダメでした。1年はとても長く、自分の興味はどんどん移ろっていくので、3ヶ月ごとに目標を立てるほうがいいのかもし れませんねー。来年からそうしようかしら。

ディープラーニング用PCとMacBookProを買った

2018年はKaggleの年にしようとして、調子にのって35万でDeep Learning用ゲーミングPCを購入しました。他にも、椅子やディスプレイ(3枚)、マウスやキーボードも買ったので、40万は使ったかとは。

しかし、それからWebエンジニアになろうとしてKaggleやらなくなったので、結構宝の持ち腐れになりました。Web開発をするために、MacBookProも買いました。

会社を辞めて無職になった

年末年始やゴールデンウィークに休日出勤を求められて働かされたりしたりしたので、また精神的に病んで会社に潰されました。私以外にも、次々と開発プロジェクトに関わる人達が謎の会社来なくなる病にかかっていました。

私は、9年間お世話になった富士通コンピュータテクノロジーズを退職しました。いろいろ思うことはあるのですが、それは過去記事に詳しく書きました。

組込みからWebへ

組込みエンジニアを辞めて機械学習エンジニアになろうとしたけれども、結局Webエンジニアになりました。

機械学習エンジニアになろうと1年半くらい勉強してきて、4月ごろから転職活動を始めたのだけれども、実際転職活動をはじめたらWebエンジニアのほうがキラキラしているように見えたため、あっけなく今までの勉強の努力を捨て去りWeb系でキャリアを築いていこうと思いました。

TechAcademyというプログラミングスクールでWebの勉強をしました。

なんちゃっとフリーランス

それから、CrowdWorksでフリーランスの仕事を探して、Railsの案件を獲得しました。

Railsエンジニアとしてめでたしめでたしなエンジニア人生を送っていましたが、12月に出社したら、実力ないので明日から来なくていいよと契約切られました。

所感

今は、無職です。お金も仕事も彼女も実力もない人生は、どうあがいても病みます。

自分は実力があると思っていましたが、思い上がりでした。自分はデキる人間で実力があると思っていたのですが、今年にコテンパンに打ちのめされた年でした。エンジニア歴9年、学生のときからあわせれば13年(高校からCはやっていたので15年か?)、収入も仕事もありません。

努力していれば報われるというのは嘘で、目標を持って戦略的にやらないとダメだと思います。あと、運も多分に必要。自分は、馬鹿みたいにずっと努力してきました。とくに、ここ6年間は、仕事しながらでもコンスタントに月100時間は勉強をしてきました。それを達成させるためには、休日は全部勉強に当てて、趣味やプライベートもすべて捨てました。

その結果が、無職無収入ですヨ!流石にエンジニアの才能ないんじゃないでしょうか?

2019年の目標

仕事を得る

就職か、派遣か、フリーランスか、よくわからないけれども、とりあえず就活して仕事を得ます。精神的な安定は、お金がないとダメです。お金がないと、生きていけません。

マズローは言いましたよね?自己実現の前に、生理的、経済的に生存しないといけないと。

個人プロダクトを開発する

将来的には会社に依存せずに自分のプロダクトで生活していきたい。個人開発者とか、憧れる。なので、そのための活動を開始する。具体的には、自分のWebサービスを開発する。失敗してもいいので、作る。

やせる

デブになりました。デブには人権がありません。痩せます。