そうだ、ひきこもろう

    現在転職を考えているのだが、最近フリーランスに憧れてきた。結論から書くと、

    Ruby on Railsを学んで、在宅フリーランスエンジニアにオレはなる!

    フリーランスに憧れる3つの理由

    フリーランスに憧れる理由は以下のとおり。順番にコメントする。

    • リモートワークがしたい
    • コードをもっと書きたい
    • 金を稼ぎたい

    リモートワークがしたい

    会社員とか、朝がつらくて無理だ。会社から徒歩3分の場所に住んでも遅刻するので、どうしようもないと思う。

    なので、家から仕事したいなとか、密かに妄想し始めた。リモートワークをしたい。

    リモートワークができれば、朝ゆっくり起きることができる。

    自宅で作業できれば、まったりおいしいコーヒーを飲みながら、Jazzを聴きながら仕事できたりする。 自慢のトリプルディスプレイの30万の機械学習用パソコン、ゲーミングチェアで仕事ができる。 または気分が乗らないときは、カフェにPCを持ち込んでドヤったり、勉強カフェに行って仕事ができる。いわゆるノマドワーカー。

    コードをもっと書きたい

    この前自分の仕事を振り替えってみると、ちっとも会社は自分にコードを書かせてくれていないことが分かった。

    上の記事にも書いたのだが、自分はプログラマだと思っていて、もっとプログラミングをしたいのに、実際はあまりプログラミングをしていない。 なにをしているかというと、仕様書つくったりテストしたり、上流ではないのだが、下流でもない。なんとも中途半端な中流ばかりをしている気がする。

    これからもっとコードがかけないことが予想される。OSSを組み合わせてそれを評価したり、リーダになったり上流をまかされる傾向が強い。

    プログラマとして、もっと自分は成長したいのだ。WordやExcel、パワポ職人になりたくて、エンジニアになったのではない。

    フリーランスになれば、下流のコーディングの仕事にあふれている。上流をすることはあるかもしれないが、仕事は選べるのでコーディングを選べばよい。

    金を稼ぎたい

    エンジニアで年収1000万を越えるには、どうすればいいか?

    • マネージャー
    • コンサル
    • 外資系
    • フリーランス

    マネージャーとコンサルって、ソフトウェア開発から離れてるよね。自分がマネージャーにはなれないな。コンサルはデータアナリストにならばいいかもしれないが、論理的思考で抜きん出る自信があまりない。 外資は英語を使わないといけない、まあ使えるけどね。

    そこで現れるフリーランスという道!金持ちになるにはこれではないか??

    今年、350-400万くらいしか年収なかったので、年収を倍にしたい。年収をあげるにはフリーランスしかない!

    リモート案件についての調査

    リモート案件をとってくるにはどんな仕事を選べばよいか?いろいろ調べると、たどり着くところは、一つ。

    ずばり、WEB系

    Web系は低予算の案件が多い,案件の数が多い、短期プロジェクトが多い、などの理由から WEB系。

    残念ながら、リモート案件は、今現在多くない状況だ。しかし、時代は働き方改革。これから、どんどんリモートワークが導入されていくことは明らか。風はこっちに吹いている!

    今まで、PythonやAIの勉強をしていてデータサイエンティストになりたいとおもっていたけれども、ここでまさかの方向転換だ。

    リモート・非常駐、在宅の案件はどの言語が有利か??

    ちなみに、私ができるのは、C言語、Java、Python。

    • Java … 全然ダメ。常駐型SIerの言語。
    • Python … 機械学習、 AIで単価がいいけれども、リモート案件はない。
    • Ruby(Rails)
    • PHP

    Ruby on Rails か PHPの2択だ。Rubyは3ヶ月間だけ仕事で使ったことがあって馴染みがあるので、Railsを選ぼうと思う。

    参考までに今回調査に使ったサイトは、以下。

    以下のエージェントは、常駐型の仕事しか紹介されていない。

    結論

    Ruby on Railsを学んで、在宅フリーランスエンジニアにオレはなる!

    フリーランスを目指すときの信条は以下のとおりだ。

    • 常駐型よりもリモート案件であること
    • 上流よりも下流であること
    • 単価よりも成長できること