Java JDK インストール方法まとめ(Windows)

    JavaをWindowsPCにインストールをしたので、手順メモ。

    JDKのダウンロード・インストール

    JDKとは

    Java Development Kitの略。
    Javaでプログラミングする際に必要なツールがセットになったもの。

    (コンパイラやライブラリ、java仮想マシンなど)

    ちなみに、JREはJava Runtime Editonの略で、Javaを動作させるためのツール。

    というわけで、JAVA開発をするには、JDKが必要となる。

    JDKのダウンロード

    OracleのHPへアクセスして、JDKをダウンロードする。

    https://www.oracle.com/index.html

    上のツールバーから[Downloads]を選択。

    (ここから直接飛んでもよい)

    https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

    Java JDKの種類

    Java JDKには以下の種類がある。

    • Java SE 一般的開発向け(Java Standard Edition)
    • Java EE  大規模開発向け(Java Enterprise Edition)
    • Java ME  モバイル開発向け(Java Micro Edition)

    初めの導入なので、Java SEを入れるのがよい。

    サイトから自分の開発環境にあったものをダウンロードする。

    (ここではWindows 64bit-jdk-7u9-windows-x64.exe)

    ダウンロードした jdk-7u9-windows-x64.exeを実行して、インストール。

    Javaの環境変数を通す

    インストールしたフォルダのbin配下に、java.exeとjavac.exeができる。

    これを実行するためには、

    “C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_09\bin\java.exe”

    とコマンドプロンプトから打ち込めばよいが、これだと大変。

    なので、環境変数を設定することで、これを省略する。

    [コントロールバネル] > [システム] > [システムの詳細設定] > [環境変数]を選択。

    image

    下段のシステムの環境変数の中からPathを選択して、[編集]を選択。

    image

    すでに入っている値の最後に”;”をつけてから、パスを追加する。

    C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_09\bin\

    コマンドプロンプトを開いて、以下を入力してJavaのバージョンがされればOK.

    java 窶砺ersion

    C:>java -version

    java version “1.7.0_09”

    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_09-b05)

    Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 23.5-b02, mixed mode)

    Hello Worldしてみる

    お決まりのHello Worldをしてみる。

    サンプルプログラム作成

    まずは、メモ帳でプログラムを作成。ファイル名は sample.javaで保存。

    (拡張子を.javaとする)

    [java]

    public class sample {
    public static void main(String[] args) {
    System.out.println(“Hello World!!”);
    }

    }

    [/java]

    javacでコンパイル

    コマンドプロンプトを開き、以下を入力。

    javac sample.java

    javacコマンドによって、プログラムをコンパイルする。

    sample.classというファイルが生成される。

    javaで実行

    コマンドプロンプトで”java sample” と入力。

    Hello World!と表示されれば成功。

    C:\temp>java sample

    Hello World!!

    JavaをWindowsPCにインストールをしたので、手順メモ。

    JDKのダウンロード・インストール

    JDKとは

    Java Development Kitの略。
    Javaでプログラミングする際に必要なツールがセットになったもの。

    (コンパイラやライブラリ、java仮想マシンなど)

    ちなみに、JREはJava Runtime Editonの略で、Javaを動作させるためのツール。

    というわけで、JAVA開発をするには、JDKが必要となる。

    JDKのダウンロード

    OracleのHPへアクセスして、JDKをダウンロードする。

    https://www.oracle.com/index.html

    上のツールバーから[Downloads]を選択。

    (ここから直接飛んでもよい)

    https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

    Java JDKの種類

    Java JDKには以下の種類がある。

    • Java SEツꀀ 一般的開発向け(Java Standard Edition)
    • Java EEツꀀ 大規模開発向け(Java Enterprise Edition)
    • Java MEツꀀ モバイル開発向け(Java Micro Edition)

    初めの導入なので、Java SEを入れるのがよい。

    サイトから自分の開発環境にあったものをダウンロードする。

    (ここではWindows 64bitツꀀ jdk-7u9-windows-x64.exe)

    ダウンロードした jdk-7u9-windows-x64.exeを実行して、インストール。

    Javaの環境変数を通す

    インストールしたフォルダのbin配下に、java.exeとjavac.exeができる。

    これを実行するためには、

    “C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_09\bin\java.exe”

    とコマンドプロンプトから打ち込めばよいが、これだと大変。

    なので、環境変数を設定することで、これを省略する。

    [コントロールバネル] > [システム] > [システムの詳細設定] > [環境変数]を選択。

    image

    下段のシステムの環境変数の中からPathを選択して、[編集]を選択。

    image

    すでに入っている値の最後に”;”をつけてから、パスを追加する。

    C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_09\bin\

    コマンドプロンプトを開いて、以下を入力してJavaのバージョンがされればOK.

    java 窶砺ersion

    C:>java -version

    java version “1.7.0_09”

    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_09-b05)

    Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 23.5-b02, mixed mode)

    Hello Worldしてみる

    お決まりのHello Worldをしてみる。

    サンプルプログラム作成

    まずは、メモ帳でプログラムを作成。ファイル名は sample.javaで保存。

    (拡張子を.javaとする)

    [java]

    public class sample {
    public static void main(String[] args) {
    System.out.println(“Hello World!!”);
    }

    }

    [/java]

    javacでコンパイル

    コマンドプロンプトを開き、以下を入力。

    javac sample.java

    javacコマンドによって、プログラムをコンパイルする。

    sample.classというファイルが生成される。

    javaで実行

    コマンドプロンプトで”java sample” と入力。

    Hello World!と表示されれば成功。

    C:\temp>java sample

    Hello World!!