Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格に合格

    Java SE8 Silver(Java SE 8 Programmer I 試験[1Z0-808]]) に 3 日間 で合格しました。

    受験するまで

    最近はディープラーニングの勉強をしているのだけれども、会社から脅された。

    • ディープラーニングが業務ににどう役に立つか説明してください。
    • ディープラーニングでどうやって会社に貢献するんですか?
    • Java の資格をさっさととらないとクビにするよ?

    (´・ω・`)

    ということで、Java SE8 Silver[1Z0-808]を勉強をはじめた。

    Oracle はキャンペーンをやっていて、2017/5/31 までに受験すると、 一度落ちても再受験が無料のキャンペーンを実施中であることに、 5/28 の夕方に気づいた。

    受験料がバカに高い(28728 円!)ので、落ちたらお金がもったいないし、 こっちは人生かかっているので、3 日間で死ぬ気で勉強することになった。

    結果

    82%の正解率で合格。(合格ライン 65%)

    勉強内容

    前提

    Java の業務経験は、3 年前に 1 年程度。それから 2 年のブランク期間あり。

    オラクル社主催の試験のランクは、ブロンズ、シルバー、ゴールドとあるけれども、 ブロンズは受けていない。

    元々 Java の知識はあったので、問題をひたすら解くという対策方法をとった。

    学習時間

    5/28 の夕方 から 5/31 の夕方までなので、4 日間にわたるのだけれども、実質 72 時間。 そのうち、37 時間を Java に費やした。

    • (0 日目:5/28: 6 時間)
    • 1 日目 5/29: 13 時間 (黒本模試 66%, 68%)
    • 2 日目 5/30: 8 時間 (白本模試 75%)
    • 3 日目 5/31: 10 時間 (本番 82%)

    参考書

    売り出されている参考書は、黒本と白本と紫本の3つがある。

    まず、一番評判がいい黒本を 2 周した。(1 日目)

    まだ時間の余裕と心の不安があったので、白本を購入して一週した(2 日目)

    最後の 3 日目は、黒本と白本の間違えたところを復習。

    黒本

    • 解説が文章でかかれていて丁寧。
    • 問題の解説の前に概念の説明があるので、問題演習の延長で基礎の復習もできる。
    • 紙質が白本に比べていい。

    白本

    • 解説に図を多様している。図解で直感的理解ができる。
    • 問題のすぐ下に解説があるので、解いてすぐに答えを確認できるようにつくられている。
    • 黒本よりもやさしい。
    • 出なさそうな問題もたまにある気がする。
    • アプリ版があるので、スマートフォンで満員電車のなかでも勉強できる!

    紫本

    • 問題の前に、説明にベージが多く割かれている。
    • 体系的にまとまっているので基礎から学びたい人におすすめ。

    受験する人へのアドバイス

    どういう問題が出たかは、問題の情報漏洩になるのでいえないのだが、

    黒本をやれ!!(。・ω・)ノ

    そう、ひたすら黒本をやれば受かる。

    自分のように白本に手を出す時間があるならば、黒本の問題を繰り返し解こう。

    なぜなら・・・おっとこれは書けない。