職務履歴書をgithubで管理することにした

最近、github上で職務履歴書を書くのが流行っているらしい。たとえば、この記事

というわけで、自分も書いてみた。

寝る前にふと思いついて書いたので、これだと全くダメだと思うけれども、まずは書いてみることが大事という精神で頑張って書いてみた。

 

自分に足りないもの

こうやって書いてみると、自分に足りないものが見えてくる。

  • 登壇履歴

    • 自分のプロダクト(OSS)

      • 専門領域
      自分はシャイなので、どうも外へ出ていくのをためらってきた。

    それでは、エンジニアとしてダメなことはわかっている。何かきっかけでもあればいいのだが、なかなか腰が動かない。

    また、人に見せるための自分のプロダクトをもっていないところもダメ。

    自分の強みがないことにも気づいた。まずは、この気付きを大切にしたい。

    メリット

    githubのいいところは、修正履歴を残せるところ。自分の成長記録がコミットログで終えるところが嬉しい。

    これからどんどん成長させて、いつかは立派な職務履歴書を完成させたい。

    また、人に見せやすいところもメリット。エンジニアならgithubだよね。

    参考