プログラミングでフロー状態に入るための習慣について

    プログラミングの勉強をしていると、 フロー状態に入っていい感じに集中できることがある。

    どういうときに、そうなれるのか、最近の自分の習慣についてまとめてみた.

    姿勢を正す

    正しい姿勢で作業をすると、集中できる.

    私は、BagJoy というものを常に持ち歩いている. カフェでも職場でも、これをしいて座ることで背筋を伸ばして作業している.

    大変おすすめ.

    テクノを聴く ============

    テクノミュージックを聴くと、集中できる.

    ミニマルな、単調なリズムの繰り返しによって、 脳がズンズンと深い集中状態に導かれる.

    Jazz やクラシックも大好きでよく聴くのだけれども、 結局はやはりテクノミュージックが一番よい.

    プログラミングという作業とテクノミュージックは相性がよいのかも.

    Digitally Imported という無料でテクノを聴けるサイトで聴いている. チャンネルは、Tech House だ.

    カフェインをとる

    カフェインをとると脳が集中できる.レッドブルもよい. カフェインの錠剤も、多用している.

    でも、カフェインの効力はせいぜい 1 時間だ. 継続的なフローをキープするためには、カフェインの手段に頼ってはいけない.

    プチ瞑想する

    プチ瞑想をすると、集中力が上がる.瞑想については、以下の記事に書いた.

    呼吸に意識を集中して、心のなかでマントラを唱える(おーなんすばーはー) そうすると、雑念が消えて集中状態に入れる.

    瞑想のトレーニングをすることは、フローに入るためのよい訓練方法だ. 日々、雑念を捨てる訓練をすることで、瞬間的に無の状態へいつでもなれる.

    マウスを利用しない

    マウスを利用せずに、キーボードだけで作業をしていると、 集中することができる.

    極端なはなし、Emacs の中にこもっていると作業に集中することができる. ときには、ブラウザを利用したくなることもある. Emacs ライクに操作できる conkeror というマイナなブラウザを利用している.

    また、タイル型ウィンドウマネージャーを利用することで、 ウィンドウ配置をキーボードだけで完結させることができる.

    まとめ・睡眠

    いろいろとまとめてみたが、一番よいのは十分な睡眠をとる事なきがしている. 睡眠を十分にとった後は、なぜか集中力が上がる.寝不足だと集中できない.