親指シフトでPC入力効率を爆速化!~ようやく効果を感じ始めた私の体験談~

    自分は一年前からコツコツと親指シフトをマスターすべく続けてきたが、

    最近親指シフト入力とローマ字入力の入力速度を計測したところ、

    親指シフトの方が速かったので、体験談や効果を交え、記事にしてみた。

    (会社の自席で使っているMy親指シフトキーボード)

    はじめに

    PC作業を効率的にこなすにはなにが必要か?

    ショートカットを覚える?バッチやマクロを組む?まぁ、それも大事だ。

    しかし、一番効率的な方法は、タイピング速度を上げることである。

    それでは、タイピング速度を上げるためにはどうすればよいか?

    あまり知られていないが、とても効果的な方法がある。

    それは、

    親指シフト

    である。

    親指シフトとはなにか

    今ではPC入力の方法としては、ローマ字入力がほとんどだろう。一般的なキーボードには、かな入力のためのひらがなが振ってあるので、かな入力も知名度が高い。しかし、ローマ字入力やかな入力とは違う、第三の入力方法が存在する。それが、日本語入力のために開発された親指シフト入力である。

    親指シフトは日本語を効率的に入力するために開発された、入力方法だ。

    親指シフトをつかうと、理論上はローマ字入力の

    1.7倍

    の入力速度を身に付けることができるらしい。 その秘密は、キーボード配列にある。下の左右に配置された親指シフトと他のキーを組み合わせることによって、どのひらがなでも、1打鍵で入力できるのだ。ローマ字入力が2打鍵必要なことを考えると、納得のいく効果である。

    親指シフトに必要なフリーソフト、『やまぶき』の紹介

    親指シフトに専用のキーボードは必要ない。

    フリーソフトのエミュレータ、やまぶきを利用すれば、

    どんなWindowsPCでも親指シフト利用可能だ。

    (ダウンロードはココから)やまぶき作ってます

    インストールしたあとは、[設定]から[配列定義ファイル]を選択する必要がある。

    image

    配列定義ファイルは \layout\配下にある。

    いろいろと種類があるのだが、

    標準的そうな NICOLA.yab を選択する。

    これで準備完了。あとは親指シフト入力表を印刷して壁に貼り付け、

    ひたすら練習するのみだ。

    親指シフト入力表は以下のリンクから参照できる。

    親指シフト配列はココから

    親指シフトの体験談をツラツラと

    まずは半年間であいうえおをマスターする

    親指シフトを知ったのは、勝間氏の書籍だった。

     

    親指シフトの存在を調べていき、身に付けるのは大変そうだけれど、

    将来もずっとパソコンと関わっていくことを考えると、

    今の時点で親指シフトに乗り換えたほうがよいと判断した。

    はじめは、1日5分、『あいうえお』からひらがなを覚えていった。

    なんだか小学生のころに戻ったような懐かしい感じだ。

    ときどきサボったり諦めたりしながらも3,4ヶ月かかって、

    ひと通りの文章を打てるようになった。

    続く2ヶ月はひたすらに『走れメロス』の冒頭を写経した。

    半年くらいかけて、ようやくブラインドタッチマスターだ!(=^_^=)

    仕事での導入・・・非生産性をコソコソと隠す日々

    日常や仕事で親指シフトを導入するのは、

    ある程度の速度を出せるようになってからを考えていた。

    なので、6ヶ月経った当たりで、仕事に親指シフトを導入した。

    すると、仕事の効率が半分になった。(T◯T)

    周囲にはひた隠ししていたが、親指シフトで生産性が半分になっていたら、

    会社としてはいやな社員だとおもう。

    そんな周囲の目に耐えながらも、コソコソと親指シフトの修行を積んでいたある日、

    後ろの席を振り返ったら、なんと後ろに座っていた人が親指シフトを使っていた。

    (親指シフトキーボードを使う人を、親指シフターという)

    今の自席に座っていて2年以上経ったが、いままで気付かなかった自分にびっくりした。

    さっそく話しかけたところ、

    『あー,君は若いのに親指シフトつかってんだー』

    と、たいへん嬉しそうな顔をされた。

    そして、親指シフトキーボードをあげるよーと言われた。

    目の前のロッカーを開けると、

    そこには親指シフトキーボードが3台転がっていた。(\(◎o◎)/ マジデフカ!)

     

    さらには、ほらよといわれて、

    親指シフト専用IMEの『Japanist』をくれた。(\(◎o◎)/ マジデフカ!)

     

    なんというミラクルありえない展開!!

    かくして、親指シフトキーボードを手に入れた自分は、 それから非生産的な仕事ぶりを発揮しつつ、 その後半年をかけて親指シフトをマスターしたのだった。

    JapanistもNICOLA親指シフトキーボードもいらない

    Japanistも親指シフトキーボードも必要ないというのが、自分の所感だ。

    Japanistは試してみたが、GoogleIMEの方が単語予測が優れているので、結局、仕事でもプライベートでもGoogleIME + やまぶきの組み合わせに落ち着いている。

    また、専用親指シフトキーボードもあってもなくても、関係ない。

    個人的には、親指シフトキーボードはデザインがダサいので・・・hogehoge(放送禁止用語)だ。価格も普通のキーボードより高い。

    参考リンク