シンプルさが前に進む力となる Clojure

    最近、Clojureに惹かれる. なぜだろうか? 以下、ポエム.

    自分にはプログラミングの思想があるのだろうか?

    自分がをプログラミングをするとき、よりどころとなる思想がない。

    別に、思想なんかなくたって、プログラミングはできる. でも、どこか、虚しい。それは、人生の意味と同じだ.

    つらいときも、苦しいときも、よりどころとなる思想があれば、 立ち向かっていけるような気がする. どんなにつらい境遇にいようとも、たちどころに力がみなぎってくる. 言葉には、そういう力があると信じている.

    そんな、力がみなぎる思想が自分のプログラミングにも欲しいのだ.

    プログラミング Clojure

    プログラミング Clojureの 文章に心を打たれた.

    • Clojureはエレガントだ。
    • Clojureは「Lisp・リローデッド」だ。
    • Clojureは関数型言語だ。
    • Clojureは並行プログラミングを簡単にする。
    • ClojureはJavaを歓迎する。
    • Clojureは速い。

    [sourcecode language=”text” title=”” ]
    Clojureのあらゆる要素は、次の2つの概念から導かれる — 簡潔さと力だ
    [/sourcecode]

    カッコいいと思った. それは、理屈なく、感覚的にだ. この憧れの気持ちを大切にしよう. こういう気持ちが、熱意になるんだ.

    簡潔さと力

    小さいこと、一つずつのステップが大きなことへとつながっていくこと. そのような、考え方が好きだ.

    それは、以前, 以下の文章にまとめた.

    この文書にも感銘を受けた.

    シンプルさが前に進む力となる. Clojureの思想は、魅力的だ. Clojureには、TDDやGTDに似たような魅力を感じている.

    簡潔さと力、これを自分の拠り所にしようと思った.

    小さく、一つずつ シンプルな関数を積み上げていく. それはやがて、大きな構造をなす. 全体は大きく、しかし秩序だっていて、シンプルにまとまっている. そんな、世界をClojureはみさせてくれるのだろうか?