R で Excel のデータを読み込む方法のメモ (Windows)

はじめに

Windows 環境に R をインストールします. また, Excel データを R から読み込んでみます.

[toc]

Environment

  • windows 8.1
  • R version 3.1.3

R のインストール

以下から最新版をインストール.

インストール後, パスを通す.

[sourcecode language=”text” title=””]
C:\Program Files\R\R-3.1.3\bin\x64
[/sourcecode]

コマンドプロンプトをを開いて R と打ち込んで R プログラムが立ち上がれば OK.

文字化けする場合はコンソールで chcp 65001 と入力で UTF-8 になる.

Excel 用のパッケージ取得

xlsx パッケージを利用することで, Excel ファイルを R から読みこむことができる.

CRAN からインストール.R コンソール上で,

[sourcecode language=”bash” title=””]
install.packages ("xlsx", dependencies = TRUE)
[/sourcecode]

使い方マニュアル.

読み込みテスト

以下のサイトからサンプルデータ習得して読み込んでみる.

[sourcecode language=”text” title=””]
require (xlsx)

# read excelsample.xls sheet1
data <- read.xlsx ("C:\\Users\\tsu-nera\\Downloads\\excelsample.xls", 2)
head (data)
[/sourcecode]

result

[sourcecode language=”text” title=””]
仮設工事 1 1 401350 320888 401350 79.953 100 401350 320888 401350 33.83 0
基礎工事及び土工事 1 1 7861394 6296746 7854794 80.098 99.917 7861394 6296746 7854794 0 0
屋外付帯工事 1 1 435800 348640 435800 80 100 435800 348640 435800 0 0
木工事 1 1 515720 412576 515720 80 100 515720 412576 515720 0 0
外壁工事 1 1 3239500 2575650 3207600 79.508 99.016 3239500 2575650 3207600 0 0
屋根及び板金工事 1 1 402400 321920 402400 80 100 402400 321920 402400 0 0
[/sourcecode]

その他

RExcel を利用すると R へ Excel データを読み込まずとも, Excel 上から R を呼び出すことも可能.