コマンドラインから JUnit を使う方法

最近, Eclipse が嫌いになってしまったので, コマンドラインから JUnit を利用する方法を調べてみた.

Environment

  • ArchLinux
  • JUnit 4.11

事前準備

JUnit をダウンロード.

適当なフォルダに junit.jar を配置したあとに, CLASSPATH を通す.

[sourcecode language=”bash” title=””]
export JUNIT_HOME = /usr/share/java
export CLASSPATH = $JUNIT_HOME/junit.jar:$CLASSPATH
[/sourcecode]

コマンドラインから実行

以下のソースを動かしてみる. ここでは, Lab2Test.java というファイル名.

[sourcecode language=”java” title=””]
import static org.junit.Assert.*;
import org.junit.Test;

public class Lab2Test {
public static int num () {
return 10;
}

@Test
public void test () {
assertEquals (10, num ());
}
}
[/sourcecode]

コンパイルは普通に実施.

[sourcecode language=”bash” title=””]
javac Lab2Test.java
[/sourcecode]

コマンドラインから実行するには, java org.junit.runner.JUnitCore [クラス名] という書き方をして実行する.

[sourcecode language=”bash” title=””]
$ java org.junit.runner.JUnitCore Lab2Test
JUnit version 4.11
.
Time: 0.004

OK (1 test)
[/sourcecode]

クラスが増えてきたら, プログラムにクラス名を書く方法もある. 以下, 参照.

Ant を利用する

すこし大きなコードを扱うときはビルドツールとの連携が役に立つ. ここでは, ant を利用してみる.

build.xml を作成.

JUnit で必要な情報は, ここが詳しい.

[sourcecode language=”xml” title=””]














[/sourcecode]

エラー詳細を表示するためには, の 1 行が必要.

Eclipseで自動生成

もっといい方法を発見したので、追記.

Eclipseでbuild.xmlは自動生成ができる.

自動生成したいプロジェクトを選択して、

  • Eclipseメニューから「ファイル」>「エクスポート」を選択.
  • [エクスポート]ダイアログから, [一般] > [Antビルド・ファイル]を選択.

以下のようなbuild.xmlが生成される. 手動で build.xmlを記述するのがバカらしくなった.

[sourcecode language=”xml” title=””]

Any modifications will be overwritten.
To include a user specific buildfile here, simply create one in the same
directory with the processing instruction
as the first entry and export the buildfile again. –>
















































































[/sourcecode]

Emacs で利用する

Emacs で ant を実行するときは, -emacs オプションをつける

[sourcecode language=”bash” title=””]
$ ant -emacs test
[/sourcecode]

エラーした場合, エラー箇所にジャンプできる.