Mozartをemacsclientから起動する方法のメモ

    以前、Oz用のプログラミング環境Mozartをインストールした。

    この方法だと、mozart専用のEmacsがたちあがる。

    できれば、今動いているemacs-serverにemacsclientでアクセスしたい。

    Elispの取得

    Oz用のElispを取得して、ロードパスの通った場所におく。

    #!/bin/sh
    wget https://raw.githubusercontent.com/mozart/mozart2/master/opi/emacs/oz.el
    wget https://raw.githubusercontent.com/mozart/mozart2/master/opi/emacs/oz-extra.el
    wget https://raw.githubusercontent.com/mozart/mozart2/master/opi/emacs/oz-server.el
    wget https://raw.githubusercontent.com/mozart/mozart2/master/opi/emacs/mozart.el
    

    詳細なドキュメントはここ

    Elipsと環境変数の設定

    設定ファイルに以下を書く。

    OZHOMEに mozartをインストールしたパスを設定。PATHにその配下のbinを指定。

    (or (getenv "OZHOME")
        (setenv "OZHOME" 
                "/mnt/win/opt/mozart"))   ; or wherever Mozart is installed
    (setenv "PATH" (concat (getenv "OZHOME") "/bin:" (getenv "PATH")))
    

    (add-to-list ‘auto-mode-alist ’(”\.oz\’” . oz-mode)) (add-to-list ‘auto-mode-alist ’(”\.ozg\’” . oz-gump-mode)) (autoload ‘run-oz “oz” "" t) (autoload ‘oz-mode “oz” "" t) (autoload ‘oz-gump-mode “oz” "" t) (autoload ‘oz-new-buffer “oz” "" t)

    これでもよい。

    export OZHOME=/mnt/win/opt/mozart
    export PATH=/opt/mozart/bin:$PATH
    

    これで、あとは.oz拡張子がついたファイルを開けば ozモードで 編集できる。ばっちし。

    Environment

    • Mint Linux 16
    • Emacs 24.3.1