C++でCSVファイルの読み込み、書き込みをする方法メモ

    C++でCSVファイルを扱う方法を調べてみましたので、メモします。

    ヘッダファイルには、以下のインクルードが必要。

    #include<fstream>
    #include<iostream>
    
    using namespace std;

    出力

    ofstreamを使います。

    ofstreamでファイルを出力ストリームとして開き、<<演算子で書き出します。

    書き出すときに、カンマを入れます。

    開くときは、ofs(ファイル名)で開ける。ofs.close()処理はなくてもOK.

    入力

    ifstreamでファイルを入力ストリームとして開き、>>演算子で読み込みます。

    カンマで区切るのが少しテクニックが必要!getlineをつかって、カンマをウマク検出します。getlineのために、

    #include<string>

    も必要となる。

    getline関数は、文字列として読み込むので、文字列から数値に変換が必要な場合は、sstreamを使って変換します。

    #include<ssteam>
    
    string token;
    int    hoge;
    stringstream ss;
    
    ss << token; //数値に変換
    ss >> hoge; 

    開くときは、ifs(ファイル名)で開ける。ifs.close()処理はなくてもOK.