Eclipse年次バージョンアップ時の移行方法について調べた

    Eclipse Keplerもリリースもリリースされたことなので、Junoから移行しようと思います。 

    Eclipseで異なるバージョンに移行するさいの手順についてメモします。Eclipseは年次アップデートがあるので、一年単位で必要になるはず。

    workspaceの移行

    workspaceの移行は簡単。Eclipse起動時に、workspaceを選択すればよい。workspaceの中に.metadataというメタデータがあり、ここにプロジェクト固有の設定か保存されてる。

    プラグインの移行

    プラグインはネットからダウンロードし直す。Eclipseからダウンロードしたプラグインは移行が簡単。

    ツールバーから

    • ファイル -> インポート

      • インストール -> 既存イインストールから

    を選択。

    次に、元のアプリケーションのインストールで旧Eclipseのルートディレクトリを選択。

    すると、旧Eclipseにインストールしていたプラグインがズラズラと並ぶ。あとは,インストールするだけ。

    ただ、この方法だと手動でインストールしたプラグインは移行できない。手動プラグインは再度手動インストールする。

    eclipseには、 plugin と dropinディレクトリがある。手動プラグインをインストールする場合は、dropinディレクトリの方に入れて、自動インストールプラグインとは区別する。

    設定の移行

    • 旧Eclipseのツールバーから ファイル -> エクスポート -> 設定 -> 一般 -> 設定 でエクスポート。

    • 新Eclipseのツールバーから ファイル -> インポート -> 設定 -> 一般 -> 設定 でインスポート。

    これで、フォーマッタの設定やら、キーバインドやらを移行できる。

    eclipse.iniの移行

    eclipse起動ファイルに独自の設定をしている場合は、これも新Eclipseにコピーする。