CentOSで日本標準時の時刻をntpで取得するためのメモ

    CentOSにntpサーバを入れて、日本標準時刻に自動的に合わせるためのメモです。

    [toc]

    NTPとは

    NTPとは、NetWork Time Protocolの略。

    時刻を問い合わせる機能を持ち、正確な時間をコンピュータに反映することができる。

    NTPのインストール

    % sudo yum -y install ntp

    時刻を他サーバに問い合わせる

    日本標準時プロジェクトというものがあり、ここから日本の正確な時刻を配信している。

    日本標準時プロジェクト 公開NTP

    ntp.nict.jpというサーバから正確な時刻を取得する。

    % sudo ntpdate ntp.nict.jp
    17 Jun 07:44:15 ntpdate[30214]: adjust time server 133.243.238.243 offset 0.005146 sec

    ntpdデーモンを起動して、自動的に時刻同期させる

    /etc/ntp.confの編集

    デーモンを起動することで、時刻を自動同期できます。設定ファイルは、/etc/ntp.confです。

    server 0.centos.pool.ntp.org
    server 1.centos.pool.ntp.org
    server 2.centos.pool.ntp.org

    となっている部分を、以下のように編集。

    server -4 ntp.nict.jp
    server -4 ntp1.jst.mfeed.ad.jp
    server -4 ntp2.jst.mfeed.ad.jp
    server -4 ntp3.jst.mfeed.ad.jp

    ntp1.jst.mfeed.ad.jpはntp.nict.jpと同期している別サーバ。

    NTPサービス起動

    設定が完了したら、サービスを起動。

    sudo service ntpd start
    ntpd を起動中:                                             [  OK  ]

    ntpd -pでステータスを確認することができます。

    ntpq -p
    remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
    =============================================================================
    ntp-b3.nict.go. .NICT.           1 u   45   64    1   51.180   36.062   0.004
    ntp1.jst.mfeed. 172.29.3.50      2 u   45   64    1   46.038   35.957   0.004
    ntp2.jst.mfeed. 172.29.2.50      2 u   44   64    1   37.927   31.670   0.004
    ntp3.jst.mfeed. 172.29.3.50      2 u   43   64    1   41.949   30.128   0.004

    自動起動の設定

    最後に、自動起動の設定をして終了

    % sudo chkconfig ntpd on
    % chkconfig --list ntpd
    ntpd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

    環境

    • CentOS 6.4

    参考