CentOS上でSAMBAサーバを立ちあげてWindowsからアクセスするためのメモ

前回、VMware上のCentOSからCygwinのディレクトリをマウントすることを記事にしました。

Cygwin(Windows)をCentOSからmountする方法 | Futurismo

今回は、その逆。CentOSのディレクトリをWindowsにマウントします。CentOSにSambaを導入することで、実現しようと思います。

CentOSでのSambaの設定

CentOS側での設定を書きます。ここでは、home配下を共有することを目的とします。

# Sambaのインストール
yum -y install samba

ユーザの追加。ここでは、tsu-neraユーザを

pdbedit -a tsu-nera

パスワードを聞かれる

new password: retype new password: Unix username: tsu-nera NT username: Account Flags: [U ] User SID: S-1-5-21-3434940687-3012143288-2006372190-1000 Primary Group SID: S-1-5-21-3434940687-3012143288-2006372190-513 Full Name: Home Directory: \centos\tsu-nera HomeDir Drive: Logon Script: Profile Path: \centos\tsu-nera\profile Domain: CENTOS Account desc: Workstations: Munged dial: Logon time: 0 Logoff time: never Kickoff time: never Password last set: 日, 09 6月 2013 04:07:43 JST Password can change: 日, 09 6月 2013 04:07:43 JST Password must change: never Last bad password : 0 Bad password count : 0 Logon hours : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

 

#======================= Global Settings ==================
[global]
   # 文字コード設定 CentOS
   unix charset = UTF-8
  # 文字コード設定 Win
   dos charset = CP932
   display charset = UTF-8

----------------------- Network Related Options ----------

   # Widnows グループの設定 コンピュータのプロパティから調べる
    workgroup = WORKGROUP

    # Allow within local network
    hosts allow = 192.168.1. 127.

============================ Share Definitions ==============

[homes] comment = Home Directories # ホームディレクトリをSAMBAで共有する path = %H browseable = no writable = yes

 

# Samba起動
bash-4.1# /etc/rc.d/init.d/smb start
SMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]

NMB起動

bash-4.1# /etc/rc.d/init.d/nmb start NMB サービスを起動中: [ OK ]

起動時にサービスを起動するおまじない

chkconfig smb on  chkconfig nmb on 

ファイアウォールの設定

SAMBAを利用するためには、tcp 139,445, udp 137,138のポートを開ける。 /etc/sysconfig/iptablesを編集する。

# for samba
 -A INPUT -p tcp --dport 139 -j ACCEPT
 -A INPUT -p udp --dport 137 -j ACCEPT
 -A INPUT -p udp --dport 138 -j ACCEPT
 -A INPUT -p tcp --dport 445 -j ACCEPT

 

service iptables restart で再起動する。

SELinuxの設定

ここでスゴイハマった。CentOSにはSELinuxというセキュリティ強化用ソフトがあって、この設定をいじらないと、SAMBAでhomeディレクトリ配下を共有できない。(smb.confの初めにほうにも書いてあった)以下のコマンドを実行

setsebool -P samba_enable_home_dirs on

このコマンド実行は時間がかかる。気長に待つこと。

Windowsでアクセスしてみる

(Windows) + r でファイル名を指定して実行を起動。

\(サーバのIP)(ユーザ名)

を入力する。パスワードが求められたら、パスワードを入力する。アクセス出来れば成功。

接続が確認できたら、ネットワークドライブの割り当てをしとく。

参考