『よいコードを書く技術』とよいクラス名のつけ方について

    『良いコードを書く技術』を読んだので、読書メモです。

     

    この本の内容は題名の通りですね。以下のサイトの連載が書籍かされたようで、同じ内容をサイトからも読むことができます。

    良いコ-ドへの道―普通のプログラマのためのステップアップガイド:連載|gihyo.jp … 技術評論社

     

    以前リーダブルコードを読んでいたのだが、内容的にはまあまあ同じ。良いコードを書く技術は共通しているのだ。この本の後半の方になると、メタプログラミングやフレームワークといった内容についてもページが割かれていた。。普段聞き慣れない概念なので、新鮮だった。

    初心者プログラマ、中級プログラマ、熟練プログラマの三人の対話形式で話がすすんでいく。コミカルなところもあり、読んでいて楽しめる。リーダブルコードよりもやさしめに書かれている印象を受ける。

    また、実例を通して解説していくところが多い。言語はJava。WebやGUIを題材にしたものが多い。組み込みな自分にとっては若干とっつきにくかった。

    いろいろとためになったのだが、一つ特筆すると『習熟度別よく利用されるクラス名』というピラミッド。これは、作者オリジナルらしい。図は、以下のリンクから確認。

    第2回 名前付け重要。または,良いコードは良い名前から生まれるんです。―その4 良いクラス名:良いコ-ドへの道―普通のプログラマのためのステップアップガイド|gihyo.jp … 技術評論社

    いろいろとわからない意味があるが、気になった時に調べてみようと思う。ここから検索するのがよさそう。

    索引「あ」 – コンピューター用語 – Weblio英和和英

    習熟度別よく利用されるクラス名のまとめ

    レベル1 業務Webアプリ開発

    • Action
    • Controller
    • Dto
    • Logic
    • Service
    • Util
    • DBのテーブル名と一対一のEntity
    • Helper
    • Support
    • Dao
    • Manager
    • Bean
    • Form
    • Exception
    • Validator
    • Test
    • impl

    レベル2 GUI/フレームワーク拡張

    • Listener
    • Handler
    • Runnner
    • Commmand
    • Observer
    • Node
    • Adapter
    • Proxy
    • Holder
    • Context
    • Monnitor
    • State
    • Builder
    • Factory
    • Viisitor
    • Decorator
    • Strategy

    レベル3 フレームワーク/ライブラリ開発

    • Scope
    • Looader
    • Engine
    • Provider
    • Conversion
    • Beeehaviour
    • Descriptor
    • Cache
    • Resolver
    • Processor