Eclipseの比較エディタでWinMergeを使うためのメモ

    Windowsで差分比較をするための有名なソフトとして、『WinMerge』があります。Eclipseでコードを比較するとき、『External diff Tool』というプラグインを入れることで、Eclipseから外部比較エディタとしてWinMergeを開くことができます。

    image

    以下、導入をメモ。

    External diff Toolプラグインの導入

    以下のサイトからプラグインをダウンロードします。

    External diff Tool

    ダウンロードしたら解凍して、plugins配下にある以下のような名前のファイルをEclipseの起動フォルダにあるplugins配下にコピーします。

    • com.leucht.eclipse.externaldiff_0.1.1

    あとは、Eclipseを再起動して完了です。

    WinMergeの導入

    WinMergeはフリーのWindows用差分比較ツール/マージツールです。日本語化してあるサイトがあるので、そこから落としてくるのがよいでしょう。

    WinMerge 日本語版

    落としてきたら、インストーラを起動してインストールします。

    EclipseからWinMergeを使ってみる

    EclipseからWinMergeを使うための設定をします。

    image

    1. [ウインドウ] > [設定] > [一般] > [比較/外部ツール]を選択。
    2. 外部diff実行可能ファイルにWinMergePortable.exeを指定します。

    あとは、比較したいファイルやフォルダを2つ選択して、右クリックから[比較] > [相互(外部ツール)]を選択すれば、WinMergeが比較エディタとして立ち上がります。

    注意することは、Eclipseの現在のワークスペース配下に比較するファイルやフォルダがないと、正しくパスが入力されないこと。あとは、いちいち比較するファイルを選択するのもやや面倒ではあるな。。。