定時退社するための魔法のWindowsコマンドを教えよう

    定時のベルがなる。しかし、帰れない。そんな日がいつも続く。
    そこで、朝一にパソコンで叩くだけで定時退社できるという魔法のポポポーンコマンドを紹介。

    Windowsのコマンドプロンプトから以下を管理者権限で実行だ。

    at 17:40 SHUTDOWN /S /F /T 600

    以下、解説。

    環境

    Windows 7

    シャットダウン用コマンド shutdown

    Windowsをコマンドラインからシャットダウンするためのコマンドは”shutdown”だ。

    Win7JP RCウィンドウズ7の総合情報&カスタマイズ- Windows 7でコマンドプロンプトで電源操作を行うには(終了操作を禁止した状態でWindowsを終了するには)

     

    いろいろと、指定オプションがあるが、今回は以下を使う。

    /F :強制シャットダウン
    /S: シャットダウン
    /T : 時刻を指定する。

    10分後に強制シャットダウンするためには、以下を実行。

    SHUTDOWN /S /F /T 600

    ※大文字注意

    指定時刻に実行するためのコマンド at

    Windowsのコマンドプロンプトで指定時刻にコマンドを実行するためには、atコマンドを利用する。

    スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:at――指定時刻にアプリケーションを実行 – ITmedia エンタープライズ

     

     

    コマンドプロンプトを管理者権限で起動して、

    at

    と実行すると、登録されているタスクが表示される。

    at [時刻] [指定コマンド]

    で、指定時刻に指定コマンドを実行できる。

    実行結果

    C:\Windows\system32>at 17:40 SHUTDOWN /S /F /T 600
    新しいジョブをジョブ ID = 1 で追加しました。

    C:\Windows\system32>at
    状態 ID     日付                    時刻          コマンド ライン
    ——————————————————————————-
           1   今日                    17:40         SHUTDOWN /S /F /T 600

    C:\Windows\system32>

     

    ナントいう屈辱!定時退社できない!そんなときの救済コマンド

    魔法のコマンドが実行されたけれども、定時退社できないというポポポーンな状態のときの救済コマンドがこれ。

    SHUtDOWN /A

    救済コマンドというよりは、地獄落ちのコマンドだ(´・ω・`)