WordPress完全移行マニュアル(BackWPupでリストア)

    前回のエントリで、BackWPupを利用してWordPressで構築したサイトのバックアップを作成できたので、今回はこのデータをリストアしてみます。

    前回はロリポップサーバからバックアップしたので、これをさくらインターネットにリストアしてみます。つまり、WordPress移行作業をします。(移行しないけど)

     <a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=25GJVU+5CZJE+D8Y+61JSH" target="_blank"><br /><img border="0" alt="" src="https://www20.a8.net/svt/bgt?aid=130102698009&wid=004&eno=01&mid=s00000001717001015000&mc=1" width="468" height="60" /></a>   

    移行手順

    • リストア先の環境を用意
    • リストア先サーバへファイルをアップロード
    • リストア用のBackWPupスクリプトを実行する
    • wp-config.phpを編集する

    リストア先の環境を用意

    まずは、さくらインターネットの管理画面にアクセスして、 MySQLの新しいデータベースを作成します。

    右のツールバーから[データベースの設定] > [データベースの新規作成]を選択。
    データベース名を入力して、[データベースを作成する]を選択。

    これで、データベースが作成できました。
    以下の情報をメモしておきます。

    • データベースサーバ名
    • 作成したデータベース名
    • データベース ユーザ名
    • データベース パスワード

    リストア先サーバへファイルをアップロード

    あらかじめBackWPupでバックアップしておいたzipファイルを解凍します。

    リストア先のさくらインターネットのWordPressを配置するディレクトリに、解凍したファイルをまるごとアップロードします。

    リストア用のBackWPupスクリプトを実行する

    リストアをするためにはBackWPupのスクリプトを実行します。
    まずは、スクリプトを以下のサイトから手に入れます。

    • Download 窶コ BackWPup.com

      • backwpup_db_restore.php

    ダウンロードしたら、WordPressを配置するディレクトリにこのスクリプトもアップロードします。

    アップロードしたスクリプトにブラウザからアクセスします。
    Select file to restore:と表示されるので、データベースにチェックをつけて、Nextを選択。

    メモしておいた情報を元に、フォーマットを埋めていく。

    • データベースサーバ名
    • 作成したデータベース名
    • データベース ユーザ名
    • データベース パスワード

     

    [Restore Done. Please delete the SQL file and this script.]と表示されてリストア終了。

     

    追記:2013年6月

    なんと、backwpup_db_restore.php がなくなっていた。以下のエントリをもとにsqlのリストアをしてください。

    BackWPupのbackwpupdbrestore.phpが消えた!それでもリストアする場合の方法メモ | Futurismo

    wp-config.phpを編集する

    メモしておいた以下の情報を、WordPressを配置するディレクトリにあるwp-config.phpを開いて修正する。

    • データベースサーバ名
    • 作成したデータベース名
    • データベース ユーザ名
    • データベース パスワード

     

    感動の瞬間

    新規URLにアクセスして、リストア終了! (^ ^) vv

    はじめてでも、簡単にバックアップできました。
    これで、枕を高くして眠ることができます。