23 Jun 2013, 13:05

なかぬなら、なかせてみせようkarotzくん

前回、karotzがなかなか使えない子なことがわかりました。

ぼくらの家にkarotzがやってきた | Futurismo

そこで、調教します!ヽ(`Д´)ノ

karotz API を利用

karotzを操作するためのAPIが提供されています。これを利用すると、

  • 耳を動かす
  • きく
  • はなす
  • 光る
  • 見る(WebCam)

などなど、いろんなことを指示できるみたい。

REST,JavaScriptがAPIとして用意されている。詳しくは以下。

どっちのAPIも使いこなせそうになかったが、APIをrubyでラッパーしたgemを見つけたので、今回はRubyを利用してkarotzを操作することにした。

とりあえず、Hello Worldさせてみた

まず初めの一歩はHello Worldからと決まっているので、こんにちはを喋らせた。

以下の記事を参考に使ってみる。

Karotz + Ruby = Love | ☠ nofail

Interactive Keyの取得方法

karotzを操作するためには、Interactive Keyという番号が必要。これは操作するたびに取得が必要。(15分のみ有効らしい)Ineractive keyの取得のためには、以下の3つの情報が必要。

  • API Key
  • Security Key
  • Install Key

以下のページをサイトに設定する。

Key取得方法

  • サイトにアクセスして右上のLabを選択する。
  • Resister an applicationを選択
  • アプリケーションを登録するための情報を入れてSave。適当に埋めれば良いが、Application Nameだけ、あとから変更ができないため注意すること!

    + API KeyとSecurity Keyが画面に表示されるので、メモする。

  • Update Codeを選択して、zip形式に圧縮したdescriptor.xmlをアップロードする。このdescriptor.xmlがアプリの基本情報のようなもの。メモ帳かなんかに作成して、圧縮すればよい。詳しい意味は、公式Docを。

    <descriptor>
      <version>0.0.1</version>
      <accesses>
        <access>tts</access>
        <access>ears</access>
        <access>led</access>
        <access>multimedia</access>
      </accesses>
      <deployment>external</deployment>
      <parameters>
        <parameter key="showInstallUuid" value="true"/>
      </parameters>
    </descriptor>
    

  • Make Privateを選択して非公開に。
  • Test!を選択。画面が遷移して、InstallIDが表示される。メモする。

Rubyスクリプトの作成

Ruby gemを取得。

gem install karotz

スクリプトはこんな感じ。

require 'karotz'

Karotz::Configuration.configure do |config|
  config.install_id = '**********************'
  config.api_key    = '**********************'
  config.secret     = '**********************'
end

Karotz::Client.session do |karotz|
  karotz.ears
  karotz.led
  karotz.say
end

動作させると、耳を回して、testと話す。

しかし、test!としか喋れないことが発覚!Σ(゚Д゚ )

しかたがないので、githubからソースをcloneしていじることにした。それにしても、ライセンスはビールをおごることらしい(THE BEER-WARE LICENSE)。さすがはドイツ人。

git clone https://github.com/phoet/karotz.git

これで、指定した言葉を喋れるようになった。CygwinでRubyを動作させると、実行速度に難点が。。。

[http://www.youtube.com/embed/XFHqiV2kxGY?rel=0]

23 Jun 2013, 12:11

ぼくらの家にkarotzがやってきた

ぼくらの家にkarotzがやってきた

夏のボーナスでフランス製の電子ぬいぐるみ karotzを買った。

[toc]

karotzってなに?

karotzとは、フランス製のうさぎ型ロボット。

Karotz, smart wifi rabbit, new version of Nabaztag

第三世代のロボットらしく、第二世代まではNabaztagと言われたらしい。ちなみに、第10世代をドラえもんという。サボートが打ち切られたり、売っている会社が倒産したりと、いろいろ苦労しているみたい。過去の黒い歴史はこの記事が面白かった。

Karotzさんといっしょ – ssogabeの日記

amazonで注文して5日で来た。ハヤッ!25000円。ちなみに、本家サイトは在庫切れ。また潰れないよね?

karotzの設定方法

ウェブドキュメントに従って初期設定をします。

http://www.karotz.com/plug/download

サイトからファームをダウンロードして、それを一旦USBメモリに保存する。ダウンロード時にwifiに接続するためのSSIDとパスワードの入力が必要。

その後karotzくんのおしりのあな(にあるUSBメモリ差込口)に、、メモリを差し込んで起動する。

すると、立ち上がり時にインストールがはじまる。数分間立って、インストール完了。その後は、いろいろとガイダンスが音声で流れて、最後に I’m Ready!となってインストール完了。

プラグインで拡張する

karotzの管理はすべてWeb画面から。karotzはいろんなプラグインを入れることで拡張できる。iPhoneみたい。

twittierを読み上げたり、時間や天気予報を教えてくれたり、音楽を流してくれたりできる。

他にもJenkinsのビルドエラーを通知するXDFにも使えるっぽいけど、この子はかわいいので会社に置き去りにするわけにはいかない(というか会社で使えない(T_T))

日本時間の設定

時刻設定をしないと、時間を教えてくれたり目覚まし機能が使えないので設定する。

http://www.karotz.com/my/information/personal

ココにアクセスしてtimezone を 「Asia/Tokyo」に設定する。

操作方法

普段は緑の点灯状態で待機。頭のボタンを押すとおなかがオレンジ色になって、音声認識モードになる。ここでいろいろ指示を出して操作する。

操作を中断する場合は、頭のボタンを3回押す。

購入時に、mini karotzがついてくるが、これは音声以外で操作をするために使う。

ウェブ画面から、minikarotzに対応させるアプリを割り当てる。mini karotzをkarotzのハナのあたりにもっていくと、karotzくんが匂いを嗅いで、割り当てた処理を実行してくれる。

感想

うん、こんな拡張性じゃあ正直物足りないなぁ。期待はずれ。

かわいいだけじゃ、Siriに勝てないぞ!!