21 Apr 2015, 06:55

Windows 環境の Emacs から Linux マシンに tramp で乗り込む方法メモ

はじめに

昨日, 職場で vi しかインストールされていないという, ぼくたち Emacs ユーザにとっては恐怖にみちた Linux マシンをつかった.

もちろん, vi コマンドなんて覚える気はないので, 全くなにもできない.

そこで, Windows から Emacs の tramp 機能を利用して, Linux マシンへ ssh 接続する方法を調べた.

Environment

環境は, AWS から Ubuntu を借りて利用する.

  • Windows 8.1 (Client)
  • Ubuntu 14.0 (Server)

Cygwin をつかう

cygwin 上で動く Emacs から tramp を利用する方法は簡単. C-x C-f のあとに以下を入力.

/ssh:(ユーザ名)@(ホスト名):

:を押すと, パスワードがきかれるので答える.

AWS へ乗り込む

AWS は公開鍵を利用して, アクセスする必要がある. tramp には, 公開鍵を指定する方法がない.

そこで, .ssh/config に設定を書くことで, alias を作成する.

以下を参考に, .ssh/config に設定を追記.

Host remote_box_alias
    HostName ip_or_address_of_remote
    User username
    IdentityFile path_to_pem_file

あとは, alias 名を打てば良い

/ssh:remote_box_alias:

GUI 版 Emacs を利用する

なんと, ssh がつかえない. かわりに plink という外部ツールを利用する.

以下から, Putty のインストーラを落としてきて, putty をインストールする と, 付随で plink がついてくる.

plink.exe があるフォルダに, 環境変数 PATH を通す.

Emacs を起動して, C-x C-f 後, 以下を入力.

/plink:(ユーザ名)@(ホスト名):

ssh から plink に変更している.

AWS へ乗り込む

putty の機能を使って, session を保存する. 保存の仕方は, 以下のサイトを参照. .pem ファイルは, putty 形式の鍵に変換が必要なところに注意.

作成した, session 名を指定して接続する.

/plink:(alias 名)

おわりに

これで, すべてが Emacs.

04 Jan 2015, 15:00

Immutable Emacs! AWS 上の Ubuntu サーバに ansible で Emacs 環境を自動構築する

はじめに

去年, Immutable Infrastructure という言葉を知った.

この概念を Emacs の管理に利用できないかなとという話.

これをやろうと考えたのは, 去年の 6 月だった. この記事の延長が本記事.

なかなか時間がとれなくて, 結局半年後の冬休みにようやくできた.

問題の分析

問題

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-3">
  <p>
    Emacs を家でも会社でも利用している.以下が簡単な環境.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      自宅 <ul class="org-ul">
        <li>
          ArchLinux
        </li>
        <li>
          Widows 8 (GUI 版)
        </li>
      </ul>
    </li>

    <li>
      会社 <ul class="org-ul">
        <li>
          Widows 7 (GUI 版)
        </li>
        <li>
          Windows 7 (Cygwin 版)
        </li>
      </ul>
    </li>
  </ul>

  <p>
    設定を github にあげて, 設定を共有している. 会社で設定ファイルを更新するのは社内規程的に NG なので, いつもは以下のような運用.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      自宅で設定ファイルを git push
    </li>
    <li>
      会社で設定ファイルを git pull
    </li>
  </ul>

  <p>
    しかし, 自宅で設定したものが会社で動かなかったりすることがよくある.
  </p>

  <p>
    会社で Emacs の設定ファイルを更新した後は, 朝の 30 分は毎回 Emacs と戯れているのはここだけのないしょだ.
  </p>

  <p>
    しかし, 設定の同期作業も, 面倒なのでなんとか時間を短縮できないもの か&#x2026; というのが今回の解決したい問題.
  </p>

  <p>
    また, 1 年に 1 回 くらいの頻度で Emacs 環境を一から再構築することがある. このとき, Emacs の パッケージ管理は el-get を利用して管理しているので, 自動ですべてのパッケージを ネットから落としてきて動作するはず.
  </p>

  <p>
    しかし, 必ず el-get のダウンロードで失敗するパッケージがたくさんでる.
  </p>

  <p>
    会社だと, proxy という厄介なものがある. また, 設定の問題とは思うが, MELPA へアクセスできなく github からしか elisp を取得できない.
  </p>

  <p>
    まとめると,
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      会社で Emacs の設定ファイルを更新したときに 起動時のエラーを発生させなくするためには?
    </li>
    <li>
      Emacs 環境を一から再構築するときに エラーを発生させなくするためには?
    </li>
  </ul>
</div>

課題

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-4">
  <p>
    よくあるあたふたケースは,
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      自宅の Linux 環境で push したものを 会社の windows 環境で pull して動かなくなる.
    </li>
    <li>
      会社で pull をするのが怖いのでしばらく放置した後, 久しぶりに pull すると 大量のエラーが発生する.
    </li>
  </ul>

  <p>
    エラーがあっても放置してしまうのは, 頻繁に エラーの確認をしないから. それは面倒だからしない. エラーの確認作業を自動化できたらうれしい.
  </p>

  <p>
    ということで, 課題は以下.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      Linux 環境で push したら Windows 環境で pull してエラーチェックを する作業を自動化する.
    </li>
    <li>
      定期的に一から Emacs の設定を再構築する作業を自動化する.
    </li>
  </ul>
</div>

解決策

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-5">
  <p>
    この 自動でエラーをチェックするところを Immutable Infrastracture の概念と 組み合わせたらおもしろそうだと思った. 無駄な勉強にもなるし.
  </p>
</div>

<div id="outline-container-unnumbered-6" class="outline-4">
  <h4 id="unnumbered-6">
    Immutable Infrastructure とは
  </h4>

  <div class="outline-text-4" id="text-unnumbered-6">
    <p>
      簡単に調べてみた.
    </p>

    <p>
      一度サーバーを構築したらその後はサーバーのソフトウェアに変更を加えないこと.
    </p>

    <ul class="org-ul">
      <li>
        <a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/Immutable_Infrastructure">Immutable Infrastructure &#8211; Wikipedia</a>
      </li>
    </ul>

    <p>
      以下の説明がとてもわかりやすい.
    </p>

    <ul class="org-ul">
      <li>
        <a href="http://www.publickey1.jp/blog/14/immutable_infrastructure_1.html">Immutable Infrastructure はアプリケーションのアーキテクチャを変えていく Publickey</a>
      </li>
    </ul>

    <blockquote>
      <p>
        Windows って調子が悪くなると再インストールしてすっきりさせるじゃないで すか. OS にいろんなソフトウェアをインストールしたりカスタマイズしたり すると調子が悪くなりますが, 再インストールすれば戻ります.
      </p>

      <p>
        だったら, そもそも毎回作り直せばシステムはすっきりするよね, というのが 簡単な Immutable Infrastructure の説明です.
      </p>
    </blockquote>
  </div>
</div>

<div id="outline-container-unnumbered-7" class="outline-4">
  <h4 id="unnumbered-7">
    Action Plan
  </h4>

  <div class="outline-text-4" id="text-unnumbered-7">
    <p>
      以下のようなアクションプランを考えた.
    </p>

    <ul class="org-ul">
      <li>
        AWS 上のサーバで Emacs 環境を構築する.
      </li>
      <li>
        AWS 上のサーバで エラチェックーを走らせる.
      </li>
      <li>
        チェックがおわったらサーバを破棄して終了.
      </li>
    </ul>

    <p>
      さらにこの手順の自動化ができたらいいけど, これは大変そうなので今度.
    </p>

    <ul class="org-ul">
      <li>
        git push したら AWS 上で動く サーバで エラチェックーを走らせる.
      </li>
      <li>
        毎週深夜に, Emacs 環境を自動で構築する.
      </li>
    </ul>
  </div>
</div>

解決へのとりくみ

Windows 環境はなにかと難しいとおもったので, まずは, Linux 環境を構築することにした.

というわけで, この記事のゴールは,

AWS 上に Emacs と自分の Emacs の設定を自動でインストールすること

名づけて,

Immutable Emacs! 大作戦.

響きがとても気に入った!

AWS を借りる

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-9">
  <p>
    別記事に独立.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/2847">AWS の Amazon EC2 で Windows サーバを立ち上げて リモートデスクトップ接続してみた | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    ここでは, Ubuntu Server 14.04 LTS (HVM), SSD Volume Type をつかう.
  </p>
</div>

ansible で Amazon AWS に SSH 接続

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-10">
  <p>
    なれている, ansible を利用する.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/2490">自分のデスクトップ環境の歴史を記録する!ansible で設定ファイルをクラウド管理する方法 | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    [sourcecode language=&#8221;bash&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> mkdir -p ~/.emacs.d/playbook<br /> cd ~/.emacs.d/playbook<br /> echo &#8216;54.65.121.127&#8217; >> hosts<br /> [/sourcecode]
  </p>

  <p>
    以下の作業はすべて,~/.emacs.d/playbook で実施.
  </p>

  <p>
    ansible.cfg ファイルを作成.
  </p>

  <p>
    [sourcecode language=&#8221;bash&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> [defaults]<br /> hostfile = ./hosts<br /> remote_user = ubuntu<br /> private_key_file = ~/.ssh/archlinux.pem<br /> host_key_checking = False<br /> [/sourcecode]
  </p>

  <p>
    ping する.
  </p>

  <p>
    [sourcecode language=&#8221;bash&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> ansible all -m ping -i hosts<br /> [/sourcecode]
  </p>

  <p>
    [sourcecode language=&#8221;bash&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> 54.64.58.11 | success >> {<br /> "changed": false,<br /> "ping": "pong"<br /> }<br /> [/sourcecode]
  </p>
</div>

ansible playbook

org-mode で書いたものは, 以下のスクリプトで yaml に変換する.

[sourcecode language=”bash” title=””]
#!/bin/sh
# -*- mode: shell-script -*-
#
# tangle files with org-mode
# see: http://orgmode.org/manual/Batch-execution.html
#
DIR=`pwd`
FILE=""

for i in $@; do
# tangle org to yaml
emacs -Q –batch –eval "(progn
(add-to-list ‘load-path \"/usr/share/emacs/site-lisp/org\")
(require ‘org) (require ‘ob) (require ‘ob-tangle)
(setq org-src-preserve-indentation t)
(find-file (expand-file-name \"$i\" \"$DIR\"))
(org-babel-tangle)
(kill-buffer))" 2>&1 | grep tangled

# execute ansible command to yml file
string_filename=${i##*/}
string_filename_without_extension=${string_filename%.*}
string_path=${i%/*}

if test $string_filename = $i ; then
ansible-playbook ${string_filename_without_extension}.yaml -i hosts
else
ansible-playbook ${string_path}/${string_filename_without_extension}.yaml -i hosts
fi
done
[/sourcecode]

ここからは実際の ansible playbook を書く.

ansible settig

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-12">
  [sourcecode language=&#8221;text&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> &#8212;<br /> &#8211; hosts: defaults<br /> sudo: yes<br /> vars:<br /> home_dir: /home/ubuntu<br /> emacs_dir: emacs<br /> dotfiles_dir: dotfiles<br /> tasks:<br /> [/sourcecode]
</div>

initial tools

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-13">
  <ul class="org-ul">
    <li>
      libncurses5-dev は tputs error 対策
    </li>
    <li>
      gnutls-bin for el-get
    </li>
    <li>
      texinfo for makeinfo
    </li>
  </ul>

  <p>
    [sourcecode language=&#8221;text&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> &#8211; name: apt-get update<br /> command: apt-get update<br /> &#8211; name: apt-get install git<br /> apt: pkg=git<br /> &#8211; name: apt-get install build tools<br /> apt: pkg=build-essential,autoconf,automake,libncurses5-dev,gnutls-bin,texinfo<br /> [/sourcecode]
  </p>
</div>

<div id="outline-container-unnumbered-14" class="outline-4">
  <h4 id="unnumbered-14">
    bookmarks
  </h4>

  <div class="outline-text-4" id="text-unnumbered-14">
    <ul class="org-ul">
      <li>
        <a href="http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0235">第 235 回 Ubuntu 12.04 で Emacs 24.1 を使う:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社</a>
      </li>
      <li>
        <a href="http://emacs.tsutomuonoda.com/emacs24-1-ubuntu-install/">Emacs24.1 を Ubuntu にインストールする | Emacs の elisp インストール・設定・使い方</a>
      </li>
    </ul>
  </div>
</div>

install emacs

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-15">
  <ul class="org-ul">
    <li>
      <p>
        <a href="http://qiita.com/seizans/items/f5f052aec1592c47767f">Ansible で git clone させる &#8211; Qiita</a>
      </p>

      <p>
        make -j オブションをつけたら, メモリ枯渇で make が停止した.
      </p>
    </li>
  </ul>

  <p>
    [sourcecode language=&#8221;text&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> &#8211; name: get emacs from git repository<br /> git: repo=git://git.savannah.gnu.org/emacs.git dest={{home_dir}}/{{emacs_dir}} accept_hostkey=yes<br /> &#8211; name: make emacs configure file<br /> command: ./autogen.sh chdir={{home_dir}}/{{emacs_dir}}<br /> &#8211; name: make emacs Makefile<br /> command: ./configure &#8211;prefix=/usr/local &#8211;without-makeinfo &#8211;with-x-toolkit=no &#8211;without-all chdir={{home_dir}}/{{emacs_dir}}<br /> &#8211; name: make emacs<br /> command: make chdir={{home_dir}}/{{emacs_dir}}<br /> &#8211; name: install emacs<br /> command: make install chdir={{home_dir}}/{{emacs_dir}}<br /> [/sourcecode]
  </p>
</div>

install dotfiles

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-16">
  [sourcecode language=&#8221;text&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> &#8211; name: clone dotfiles<br /> git: repo=https://github.com/tsu-nera/dotfiles.git dest={{home_dir}}/{{dotfiles_dir}}<br /> &#8211; name: make lnlinks<br /> command: ./make_lnlink chdir={{home_dir}}/{{dotfiles_dir}}<br /> sudo: yes<br /> sudo_user: ubuntu<br /> [/sourcecode]
</div>

install additinal tools for emacs

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-17">
  [sourcecode language=&#8221;text&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> &#8211; name: install additinal tools for pdf-tools<br /> apt: pkg=libpng-dev,libz-dev,libpoppler-glib-dev,libpoppler-private-dev<br /> &#8211; name: install additinal tools for magit<br /> apt: pkg=texinfo<br /> &#8211; name: install additinal tools for org2blog<br /> apt: pkg=bzr<br /> &#8211; name: install additinal tools for exectable-find<br /> apt: pkg=mercurial<br /> &#8211; name: install additinal tools for cmigemo<br /> apt: pkg=cmigemo<br /> &#8211; name: install additinal tools for ag<br /> apt: pkg=silversearcher-ag<br /> [/sourcecode]
</div>

boot emacs

<div class="outline-text-3" id="text-unnumbered-18">
  <p>
    Emacs の boot に, el-get を利用してパッケージを次々にダウンロードする.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="https://github.com/tsu-nera/dotfiles/blob/master/.emacs.d/inits/00_el-get.org">https://github.com/tsu-nera/dotfiles/blob/master/.emacs.d/inits/00_el-get.org</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    [sourcecode language=&#8221;text&#8221; title=&#8221;&#8221;]<br /> &#8211; name: boot emacs first<br /> command: emacs &#8211;daemon<br /> sudo: yes<br /> sudo_user: ubuntu<br /> # &#8211; name: reboot emacs<br /> # command: emacsclient -e &#8216;(progn (defun yes-or-no-p (p) t) (kill-emacs))&#8217; && emacs &#8211;daemon<br /> # command: emacs &#8211;daemon<br /> # sudo: yes<br /> [/sourcecode]
  </p>
</div>

おわりに

これで AWS 上で動く Ubuntu サーバに Emacs をインストールすることができた.

まだまだ, 改良の余地は大ありだ.まだ, スタート地点.

dotfiles を育てるように, ansible のコードも育てていきたい.

26 Dec 2014, 07:55

AWS の Amazon EC2 で Windows サーバを立ち上げて リモートデスクトップ接続してみた

はじめに

Amazon Web Service (AWS) をずっと試してみたかったので, 冬休みに試してみた.

以前, OpenStack を動かしてみた.今回はライバルを試す.

環境

  • ArchLinux

手順

まずは, アカウントを作成.

やりたいこと

Linux サーバと Windows サーバをお手軽に借りたい

利用できそうか?

AWS にはいろいろなサブコンポーネントがある.

これによると,

  • Amazon EC2 というものを選択すれば, 仮想サーバが利用できそうだ.
  • Amazon Lambda というものを利用すると,イベント駆動でサーバを制御できるようになる.

今回は, Amazon EC2 を利用してサーバを立ち上げる. 使うときに手動で立ち上げて, やめるときに手動で落とす.

Amazon Lambda を利用すると, EC2 を常時立ち上げていなくてもいいよう なので, コスト削減と自動化が達成できそうだが, 時間がかかりそうなので, 後回しとする.

料金

以下で料金が見積もれる. はじめの一年間は無料らしい.

Windows と Linux を最小構成で週 2 時間借りた場合は, 0.6 ドル??

Windows のインスタンスを作成

まずは 最小構成の Windows のインスタンスを作成してみる.

  • EC2 サービスを選択
  • Launch Instance を選択
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Base 64bit 選択
  • t2.micro を選択
  • あとはデフォルト設定で.
  • Launch をおすと Key Pair の作成を聞かれるので生成して, 選択.

参考

リモートデスクトップで接続

Linux 環境から Remote Desktop のクライアント rdesktop で接続してみる.

まずは, 接続に必要なパスワードを取得する. さっきダウンロードした Key Pair ファイルをアップロードすると, パスワードが表示される.

以下のコマンドで接続.

rdesktop -k ja (IPAddress) -u (Username) -p (Psssword)

Linux から Windows に接続できた!