最新情報

Mozartをemacsclientから起動する方法のメモ

Mozartをemacsclientから起動する方法のメモ

ExcelVBA統合BDD開発環境をrakeでまとめてみた

 ExcelVBA統合BDD開発環境を構築したメモです

ExcelVBAのステップ数をカウントする

ExcelVBAのステップ数をカウントする

ExcelVBAのコードをimport/exportする

Excel VBAの最大の課題が、保守性。 Excelの中にコードが縛られている。このコードを外に出すと、 バージョン管理ができる VimやEmacsなどのエディタで開発できる テスト駆動開発できる などなど。 レガシーなExcelVBAもバージョン管理、テスト、自動化という 現代ソフトウェア開発の三種の神器に従って開発ができる。 調べてみると、同じようなことを考えている人たちがいた。 vi で書こう VBA — Text Scripting on VBA VBAのソースファイルをバージョン管理するのを支援するvba-porter.xlaを作りました – 死ぬまでの暇潰し これらの方法を利用してもいいのだが、 現在VBA絶賛勉強中のため、自分の学習も兼ねて、 VBAのコードをExcel内からimort/exportするコードを書いてみた。 苦労した点とか Rubyの win32oleがつかえなかった はじめはRubyでやっちゃえと思ったけど、どうもwin32oleではメソッドがみつからなかった。 Excel Objectについて 標準モジュール、クラスモジュールはImpot/Exportができるのだが、 ThisWorkbookやSheetなどのExcel Objectはそれができない。 これらは、行の削除と挿入で対応した。 Private Sub InsertLines(myFile As String) Dim myFSO As New FileSystemObject Dim myBaseName As String: myBaseName = myFSO.GetBaseName(myFile) With ThisWorkbook.VBProject.VBComponents(myBaseName).CodeModule .DeleteLines StartLine:=1, count:=.CountOfLines .AddFromFile myFile ‘ Delete header lines .DeleteLines StartLine:=1, count:=4 End With Set myFSO = Nothing End Sub 自分で自分をリロードできない VBAで書くと、自分自身のコードをimport/exportすることができない。 なので、ThisWorkbookとFileManagerという二種類のファイルに処理を分けて 2段階でインポートすることにした。 Environment Windows 7 64bit Excel 2010 最後に このベージの解説が素晴らしい。本当に、Special Thanks. vi で書こう VBA — Text Scripting on VBA

Excel VBAで テスト駆動開発してみる

Excel VBAで テスト駆動開発してみる

EmacsでのExcel VBA開発環境を構築

EmacsでのVBA開発環境を構築メモです

Proxy配下でgitを利用する方法、ほか

proxy配下でgitを利用する方法について調べてみました

SquidをつかってWindows環境化でプロキシサーバを立ててみる

SquidをつかってWindows環境化でプロキシサーバを立ててみた

RSpecのモックについて調べてみた

RSpecのモックについて調べてみた

Emacsでrubydbを利用してステップ実行する

Emacsでrubydbを利用してステップ実行する

サブコンテンツ

このページの先頭へ