13 Dec 2016, 16:50

勉強カフェが快適すぎる件

朝から夜の 11 時まで勉強カフェ 溝の口スタジオで過ごしてます。

なぜか? *快適すぎるから*。 というわけで、勉強カフェの宣伝記事を書きます。

勉強カフェとは

有料自習室、会員制のカフェです。

特徴

  • 飲み物(コーヒー)飲み放題
  • wifi 使いたい放題、パソコン作業がはかどるはかどる
  • 個別ブースで区切られた机なので、集中できる
  • ふかふかの座り心地のいいイス
  • 親切なスタッフ
  • 会員同士の交流。同じ目標を持った仲間ができる。 イベントが定期的に開かれます。また、3 ヶ月プログラムに参加予定です。 仲間がいるから頑張れる。3 ヶ月プログラムをうまく使って目標達成! | 勉強カフェ
  • 居眠りしてもおこられない
  • 図書館のような席取り競争がない
  • 長時間勉強 OK

所感

家ではどうも勉強できない自分は、今まではカフェで勉強していました。 でも、それはカフェの運営にとっては迷惑な客。自分でも自覚していました。

そこで見つけたのが、勉強カフェ。ちょっと利用料金が高いのがデメリット。 いつものカフェ代と、wimax 代を勉強カフェの利用料金に置き換えることで、 今までカフェに支払っていたお金を勉強カフェにつぎ込むことで、料金を補填しました。

参考記事

意外にネット上に情報がない。

おわりに

勉強に集中したい人は、ぜひぜひ勉強カフェを一度訪れて見てください。 2 時間無料で、体験利用することもできます。

06 Dec 2016, 16:06

成功とはなにかを定義した

自分にとっての成功とはなにか、それについて考えてみた。

現状まで

子供の頃は、もともと医者を目指していた。

なぜなら、おじいちゃんが医者だったからだ。おじいちゃんっ子だったのだ。

医者になるために、医学部進学率が高い私立の高校へ通った。

しかし、高校生のとき、自分には医者の素質がないと悟った。

他人を思いやる気持ちが、思いやりの気持ちが自分には足りないのだ。

将来になやんでいたとき、パソコンをためていたお年玉で買った。

そして、C言語を勉強したり、HTMLでHPをつくったりした。

数学も得意だった。なので、自分はコンピュータ・サイエンスの道に進もうと決めた。

東大を目指していた。現役では失敗し、浪人した。

浪人生のとき、東大模試でA判定を二回取った。

絶対合格できると思っていたが、結果は不合格だった。

地学を選択科目に選んでいたので、早慶を受験することもできず、

自分は、東京理科大学に入った。専攻は、応用数学だった。

努力が報われず、鬱になった。精神科やカウンセリングも受けた。

いわゆる、燃え尽き症候群というやつだ。

勉強を大学生のときはほとんどしなく、遊んでいた。

クラシック音楽のコンサートとオペラを見に行くことに殆どの時間を費やした。

院にも行かず、なんとなく、ソフトウェア開発者の道を選んだ。

与えられた仕事をこなしていた。やりがいが感じられなかった。

MOOC

3年前、このままではいけないと思いたち、コンピュータ・サイエンスを学び直す決意をした。

ちょうど、MOOCが勢いをつけ始めていた時期だったので、

自分はMOOCのコンピュータ・サイエンスの科目もできる限り取った。

  • Algorithms, Part I – coursera 201311
  • Algorithms, Part II – coursera 201402
  • C++ For C Programmers – coursera 201402
  • Creative, Serious and Playful Science of Android Apps – coursera 201402
  • Programming Mobile Applications for Android Handheld Systems – courserea 201403
  • Unlocking the Immunity to Change: A New Approach to Personal Improvement – edX 201403
  • Web Application Architectures – coursera 201306
  • Pattern-Oriented Software Architectures: Programming Mobile Services for Android Handheld Systems – coursera 201407
  • The Hardware/Software Interface – coursera 201409
  • Programming Cloud Services for Android Handheld Systems – coursera 201409
  • Introduction to Linux – edX 201412
  • Paradigms of Computer Programming -Fundamentals – edX 201412
  • Computational Investing, Part I – coursera 201412
  • Survey of Music Technology – coursera 201412
  • Introduction to Functional Programming – edX 201412
  • Louv1.2x: Paradigms of Computer Programming – Abstraction and Concurrency – edX 201502
  • The Data Scientist ’ s Toolbox – coursera 201502
  • R Programming – coursera 201502
  • Reproducible Research coursera 201503
  • Cloud Computing Concepts PartI – coursera 201503
  • Cloud Computing Concepts PartII – coursera 201504
  • edX Honor Code Certificate for Foundations of Data Analysis – edX 201503
  • Principles of Reactive Programming – coursera 201505
  • From Nand to Tetris / Part I – coursera 201505

自分のやりたいことを見つけたかった。

しかし、自分のやりたいことが見つからなかった。

仕事にやりがいがなく辛くなり、鬱になり、一年前に休職した。これが、現在の状況だ。

成功を定義する

courseraでSuccessという講義を取りはじめた。

https://www.coursera.org/learn/wharton-succcess

と同時に、元になっている本を読んでいる。

「ウォートン・スクールの本当の成功の授業 - リチャード・シェル」

第一部:成功とは何か?を読み終わった。

第一部を通じて、自分自身の「成功とはなにか?」という答えを出した。

私にとっての成功とは、以下のように定義した。

– 数学とプログラミングを通じてお金を稼ぎ、 テクノロジーの発展に貢献すること。

– 常に努力を怠らず、目標を持って仕事に情熱を燃やすこと。

– 英語を駆使して世界で活躍するソフトウェア開発者になること。

– 幸せな家庭を築くこと

目標を決めた

光が見えた気がした。成功のための10年間の目標も立てた。

短期目標(2年以内)

– 目標TOEIC900スコアを取ること。

中期目標(TOIEIC900取れたら、5年以内)

– 英会話と英作文の勉強をすること

– 機械学習の勉強をすること(MOOCの単位を取得)

長期目標(10年後)

– 機械学習の知識を利用できる仕事を得ること。

– 英語ができるプログラマになること。

– オープンソースに貢献すること。

– カンファレンスで英語でプレゼンして質疑応答ができること。

– 海外の技術情報を素早く手に入れ理解すること。

成功は定義できた。あとは、目標を実行するだけだ。

鬱になったのは、無駄ではなかった。そんな気がしている現在である。

05 Dec 2016, 19:11

職務履歴書をgithubで管理することにした

最近、github上で職務履歴書を書くのが流行っているらしい。たとえば、この記事

というわけで、自分も書いてみた。

寝る前にふと思いついて書いたので、これだと全くダメだと思うけれども、まずは書いてみることが大事という精神で頑張って書いてみた。

 

自分に足りないもの

こうやって書いてみると、自分に足りないものが見えてくる。

  • 登壇履歴

    • 自分のプロダクト(OSS)

      • 専門領域
      自分はシャイなので、どうも外へ出ていくのをためらってきた。

    それでは、エンジニアとしてダメなことはわかっている。何かきっかけでもあればいいのだが、なかなか腰が動かない。

    また、人に見せるための自分のプロダクトをもっていないところもダメ。

    自分の強みがないことにも気づいた。まずは、この気付きを大切にしたい。

    メリット

    githubのいいところは、修正履歴を残せるところ。自分の成長記録がコミットログで終えるところが嬉しい。

    これからどんどん成長させて、いつかは立派な職務履歴書を完成させたい。

    また、人に見せやすいところもメリット。エンジニアならgithubだよね。

    参考

24 Jan 2016, 12:35

プログラミングで頭がピリピリする

感動したとき、頭がピリピリする。

なかなか動かなかったプログラムが動くとうれしさと同時に頭がピリピリする。

分からないことがわかったとき、すっきり感に加えて頭がピリピリする。

鳥肌が経つ、武者震いなんていわれたりもする。これは一体なんなのだろうか?

脳内ではドーパミンが出ているらしい

鳥肌の正体は、ドーパミンらしい。

「音楽を聴いている最中の、感情の高まりのピーク時に」、 ドーパミンが脳の線条体の部分に流れ込んでいるのが突き止められた

ドーパミンは体にどういう影響があるのだろうか?それは、

  • 快感や多幸感を得る
  • 意欲を作ったり感じたりする
  • 運動調節に関連する

つまり、行動の動機付けの源であり、 うつな気分を取り除くことができるようだ。

難しいことや新しいことに挑戦する

プログラミングを通じてドーパミンを出すためには

  • 難しい問題を理解しようとする
  • 新しいことを理解しようとする

などといったことが大事。

難しいことや新しいことは、しり込みしてしまうことが多いけれども、 ドーパミンのために、臆することなく挑戦していくことが大事なんだと思った。

10 Jan 2016, 19:18

自分史: プログラミングには感動が必要である

人生の休憩地点にいるので、人生をここで振り返って見ようと思う。

[toc]

過去を振り返るメリット

  • 人生は過去の決断の積み重ねで成り立っている
  • 過去を分析するすることで今の自分の心境が明確になる。
  • また、これから進むべき道がみえるかもしれない.

自分はなにもので、どこへ向かって進むべきなのか、 そういう点が明確になる効果が期待できる.

小学生

小学 3 年生、家にパソコンがやってきた!

そして、母親がパソコンの勉強を始めた。 母親がキーボードをうつ練習をしているとなりで、 真似してブラインドタッチの練習を始めた. 我ながら早熟である.

そして、小学 4 年生のときに、なんと自分用の PC を手に入れる. コンパック製。母親の会社でいらなくなった PC をもらったのだった. そのなかには、Windows95 が入っていて、Excel や Word で遊んだ. ゲームの攻略情報を Excel や Word にまとめて管理したりした. しかし、プログラミングをするには至らなかった.

母の影響でパソコンに興味をもつ

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline3">
  <p>
    パソコンが家にやってきて依頼、母はパソコンにハマってしまって、 夜な夜なパソコンやネットワークの勉強をしていた。 そういう後ろ姿を毎日見ながら寝ていた. 家には、どんどん IT 系のわけの分からない本がたまっていく。
  </p>

  <p>
    そういう姿をみて、パソコンは熱中できるなにかがあると、 幼いこころで感じたのだった.
  </p>
</div>

中学生

パソコンとは無縁の生活。なんにもやらなかったよ。

高校生

高校一年生の夏、お年玉が 20 万たまっていた。 なにか大きい買い物をしようと考えて、購入したものは、

ソニー VAIO だった。

2 台めの自分用のパソコン。今度は明確な目標を持っていた。

ゲームがつくりたい

中学高校と、ゲームっ子だったので、 プログラムといえばゲームのイメージが強かったのでそう思った.

ゲームをつくるためには、プログラミング言語が必要だ。 ここで、C 言語と出会う。独習 C を購入して、夏休みをつかって独習。 最終的には、コマンドラインで使用するカレンダーアプリが完成した. また、ホームページビルダーをつかって、簡単な自分の Web ページをつくった.

そのあと、モチベーションが途切れてしまってゲーム製作には至らなかった. 血気盛んな時期だったので、VAIO はエロビデオを見るための箱となったのだった。

数学と母親とコンピュータ

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline6">
  <p>
    高校は受験高に通っていて、しかも帰宅部だったので、ガリ勉だった。 平日 5 時間、休日10時間の勉強を 3 年間しているような学生だった。
  </p>

  <p>
    得意科目は、数学だった。 なので、漠然と数学が生かせるような仕事につきたいと考えていた。
  </p>

  <p>
    母親のパソコン好きや VAIO 購入もあって、自分が選ぶべき道は エンジニアではないかと、考えるようになった。
  </p>

  <p>
    当時、バックトゥーザフューチャーが大好きだったので、 自分はマッドサイエンティストになって怪しい発明をしたいと考えていた.
  </p>
</div>

浪人生

大学受験に失敗し、一浪。

哲学とクラシック音楽にハマる。コンピュータとは無縁の生活.

大学生

浪人しても大学受験に失敗した。自分は、うつ病にかかった。

いちおう、情報系の学問を学ぶ大学には入学できた。 まったくやる気が起きなくなってしまい、一年間ひきこもっていた。

大学 2 年生になって、狂ったようにクラシック音楽とオペラのコンサートに 通いつめるようになって、ようやくうつから脱出した。 そんな感じだから、大学生のときはほとんど勉強をしなかった。

一応、学校の授業で Java やアルゴリズムの基礎を学ぶものの、 それにたいして、深い興味を抱くことはなかった。音楽にしか興味がなかった。

今では、大学生のときに勉強をしていなかったことについて、 大変に後悔している。人生をやり直せるならば、大学生のときに戻りたい。

院にいって勉強をしようかという選択肢で悩んだが、 うつ病が完全に治りきっていない状態だったので、 うつになって院を中退することが怖かったので、就職を選択した。

就職活動

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline9">
  <p>
    就活は &#8220;組み込みソフト + 大企業の子会社 + 関東&#8221; でリクナビで検索して消去法で残った 15 社を受けた.
  </p>

  <p>
    組み込みソフトを選んだのは、大学で抽象的な数学に嫌気がさしていたので、 ソフトウエアの動作を生で感じることができる組み込み系がいいと思ったから。
  </p>

  <p>
    大企業の子会社を選んだのは、大企業はうつになっても休職できるから。 また、研究開発職につきたかったので、院卒でなくても研究開発職につくためには、 研究開発だけを専門にやっている会社に入るのがよいと考えたから。
  </p>

  <p>
    関東を選んだのは、クラシックやオペラを見にいきたかったから。
  </p>

  <p>
    消去法と雰囲気で選んだ会社に就職。
  </p>
</div>

社会人

入社1、2年目

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline10">
  <p>
    社会人になったこと、一人暮らしできたことがうれしくって、 自由に趣味を楽しんでいた。 家に帰ってもプログラミングをすることはなかった。 プログラミングには大して興味がなかった。
  </p>

  <p>
    会社では、C 言語を学び、ストレージ装置の制御ファームを開発する業務についた. ストレージ開発では、10 年前からのデバッグ手法(print debug)でテストを しているような感じだった。それが当たり前だと思っていた。
  </p>

  <p>
    しかしあるとき、常識を覆す本に出会ってしまう。
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      test driven development for embedded c
    </li>
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/172">そろそろ『 test driven development for embedded c 』について書いてみる | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    TDD との出会いである。こんな方法があったのか!と夢中になった。 プログラミング面白い!と思った最初のきっかけである。TDD に夢中になった。
  </p>
</div>

入社3、4年目

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline11">
  <p>
    そのころ、世の中ではカフェにパソコンを持ち込んで作業をすることが流行っていて、 自分もそれにあこがれて VAIO をバッグに入れて休日はノマドワーカーになっていた。
  </p>

  <p>
    普段の生活のなかで、パソコンをいじっている時間が極端に増えた。このブログも、立ち上げた。
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/7">はじめまして | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    はじめはアフィリエイトのためにブログ記事ばかり書いていたのだが、 どうもアフィリの才能がないことに気づき、次第にプログラミングに休日の時間を割くようになった.
  </p>

  <p>
    ある動画がきっかけとなり、部屋のオートメーションハックに熱中した。
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/154">iRemocon でミクミクにしてやんよ。 | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    このころの技術は Teraterm マクロだけれども, それでも、ハッキングの楽しさを知った体験だった。
  </p>

  <p>
    気づけば、休日のほとんどをパソコンのハッキングに費やすようになっていた。
  </p>
</div>

入社 5, 6 年目

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline12">
  <p>
    そうして、プログラミングの楽しさにようやく目覚めたのだが、 自分には基礎がないことに気づいた。 大学生のとき遊んでいたし、仕事は定形の作業をこなしているだけなので。
  </p>

  <p>
    猛烈に勉強がしたくなった。そこで出会ったのが、MOOC だった。 MOOC で、自分のコンピュータサイエンスを叩き直そうと決意した。 日本で一番 MOOC を頑張る社会人を目指して、とにかく講座数をとった。
  </p>

  <p>
    自分のスキルは間違いなく向上していた。喜びの絶頂を感じていた。
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/2586">感動駆動学習こそ最強の学習法だ! MOOC をはじめて 1 年たったまとめ. | Futurismo</a>
    </li>
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/2427">プログラミングの世界観を変える衝撃!Paradigms of Computer Programming で震えるほどの知的感動を体験した | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    ただし、2 年が過ぎてきたころ、MOOC にあき始めた。
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/4140">MOOC をはじめてから 2 年たち、そろそろ飽きてきた | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    そして、次第にうつ病になりプログラミングに興味を失ってしまった。現在に至る.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/5439">プログラミングに興味がなくなってしまった | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>
</div>

過去の経験から得られること

過去を振り返ると、偶然の出会いの数々によって今の自分がいることを認識した。

自分は、たまたまプログラミングに感動しプログラミングが好きになってきたのだった。

最近、プログラミングに興味がなくなってしまった原因は、病気のこともあるけれども、 感動がなくなってしまったことが原因としてあるのだろう。

感動が欲しい!感動が、今のうつの状態から抜け出せる処方箋だ。

これからどうするか

感動はどのようにして得ることができるのだろうか?

それは、感動の対象を心の底から尊敬し、感動を得られると信じることが大事だと思う。

そう思うのは、大学生のときに音楽に狂った自分の体験からだ。すべての経験は無駄ではない。

そうすると、次の疑問はプログラミングから感動をえるためにはどうすればいいだろうか? ということだ。

プログラミングの喜びは、以下のように分類してある。

NextAction として、プロコンをはじめた

プロコンに取り組むことで、かつての数学が好きだった自分を取り戻し、 問題を Solve する喜びを見つけたい。これが現時点で出した進むべきみちだ。

10 Jan 2016, 12:25

競技プログラミング対策用 Futurismo 別館を立ち上げ

Futurismo 競技プログラミング対策用 別館を立ち上げました。

プログラミングコンテストの参加記録や過去に解いた問題を 投稿していくためのサイトです。

このサイトに投稿記事を混ぜると、RSS フィードが汚れる?ので、 別サイトを立ち上げました.

以上

20 Dec 2015, 08:16

プロコンをはじめたので今後の対策方法について考えた

ひまですることもないし、プログラミングにも興味がなくなってしまったので、 競技プログラミングの勉強をはじめた. プログラミングコンテストの対策についてまとめる.

以前、モチベーションについてはまとめた.

プロコンの動機について

プロコン参加の理由は、以下の通りだ.

  • 素早くコーディングする技術を身につけることができる.
  • プログラミングの基礎体力を身につけることができる.
  • TOEIC のように点数があるので自分の成長を実感できる.
  • 転職活動に利用できる.
  • プロダクトのクソコードから離れて自分の美学を貫いたコードがかける.

それから、Python でプログラミングをしている. 理由は、美しくコードがかけるからだ. C++という選択肢は捨てがたいが、C++よりも Python のほうがシンプルにかける. しかし、Python でプロコンをするのはまだ少数派のため、解答例を見つけるのが難しい,

TopCoder を中心に学習を進めていくつもりだ. 最終目標は TopCoder でイエローコーダになること。 そのためには、まず Div1 に上がること.

プロコンの対策について

プロコンの対策について、 こうすればよいというネット上のリソースをいろいろと検索したものの、よいものが見つからない. TOEIC などはみつかるのに。以下、検索結果を列挙.

現在、以下の本をもっている. 以下、簡単に所感を述べる.

  • 最強最速アルゴリズマー養成講座.(チーター本)

TopCoder の過去問を中心に演習問題が並んでいる.TopCoder 専用問題集.

  • プログラミングコンテストチャレンジブック.(蟻本)

北京オンラインジャッジの過去問を中心に演習問題が並んでいる. 解答例が C++なので、Python で読むには苦痛が伴うところが難点. プロコンで必要なアルゴリズムが網羅されている. 有名な対策本.

  • プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造.(ALDS)

アルゴリズムの基礎が、会津オンラインジャンジを利用して学習できる. タイトルに反して、どちらかというと基礎がための要素が強く、 プロコン向けではない気がしている.

Web 上のリソースには以下がある.

最強最速アルゴリズマー養成講座

実践・最強最速のアルゴリズム勉強会:

TopCoder のページにある対策記事(英語)

Python の対策には以下がよい.

効率のよい学習方法は、典型問題の暗記だと思っている. 受験数学をどうすれば解けるようになるか、考えてみると、典型問題を暗記することが 効率がよかったという、高校生のときの体験がある. 数学は暗記だ. 解法パターンを暗記してしまおう.

今後の学習計画について

どう進めればよいものか、なやんでいる. 心にもやもやしているものを書き出してみる.

  • 蟻本 蟻本を読むのが王道な気がするが、Python で取り組むには解答例に乏しい.
  • AOJ 会津オンラインジャッジは素晴らしいシステムだ。Python による解答例も見つかるので、 自分のコードと比較することで勉強にもなる. しかし、解答に対する解説がない問題は、学習の投資に対する効果が薄い.
  • TopCoder 過去問 TopCoder には、Editorial という過去問に対する解説がある. http://apps.topcoder.com/wiki/display/tc/Algorithm+Problem+Set+Analysis

    しかし、英語なので、困る. 日本語でないと、 理解するのに時間がかかるのだ.余計な労力をつかいたくない.

  • プログラミングコンテスト参加 TopCoder, Codeforce, AtCoder…たくさんのコンテストがある。 コンテストに参加すると、モチベーションが高まるのでよいが、 自分のペースで学習することができない点がデメリット. また、体系的に学習できない.

Conclusion

コツコツと続けられて、成果を振り返って確認できるものがよい. そうすると、とにかく無作為に数をこなすよりも、書籍による学習がよいと考えた. ここ数週間のメニューは以下の通りとする.

  • 蟻本を Python で解いで、基礎知識を身につける.
  • TopCoder の過去問を解いて、問題にとにかくなれる.(1日1題目標)
  • 可能な限りプロゴラミングコンテストに参加する。そして、復習する.

追記

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline5">
  <p>
    蟻本、挫折した.ムズかしい. もっと簡単なもので対策をしなければ. 難易度順に問題が並んでいるサイトをみつけた. ICPC-AOJ というサイト.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://ichyo.jp/aoj-icpc/">http://ichyo.jp/aoj-icpc/</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    AOJ による採点ができる & 難易度順に問題がならんでいる ということで、これを順に解いていくことにするよ..
  </p>

  <p>
    ACM-ICPC のサイトにおすすめ問題が載っている。これを解いていこう. おすすめ. サイトのリンクは POJ だけれども、AOJ で検索すると対応する問題が載っている.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://www.deqnotes.net/acmicpc/">http://www.deqnotes.net/acmicpc/</a>
    </li>
  </ul>
</div>

追記 2

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline6">
  <p>
    TopCoder の練習方法についてかかれた記事.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="https://www.quora.com/How-should-I-practice-so-that-I-will-be-at-a-level-where-I-can-approach-TopCoders-Div1-500-problems-with-confidence">How should I practice so that I will be at a level where I can approach TopCoder&#8217;s Div1-500 problems with confidence? &#8211; Quora</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    TopCoder のチュートリアルがいいらしい.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="https://www.topcoder.com/community/data-science/data-science-tutorials/">https://www.topcoder.com/community/data-science/data-science-tutorials/</a>
    </li>
  </ul>
</div>

追記 3

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline7">
  <p>
    twitter の対策方法まとめ
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://togetter.com/li/729445">http://togetter.com/li/729445</a>
    </li>
  </ul>
</div>

20 Dec 2015, 07:17

2015 年の過去記事振り返りと 2016 年の目標

今年も終わりなので、2015 年の振り返りと 2016 年の目標を立てる.

2015 年の振り返り

たいして成長を実感できない、一年となってしまった.

まず、2015 年の目標はどうだったかというと、以下の 2 つを目標にあげた.

  • 統計解析
  • 関数型言語

統計解析

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline2">
  <p>
    結論からいうと、身につかなかった. モチベーションも続かなかった. 今の仕事が組み込みソフトの開発なので、統計の知識なんて使う余地がない. そう思うと、途端にやる気が失せた.
  </p>

  <p>
    一応, MOOC で統計の講座を取った. R 言語をちょい頑張ったのだが、結局身につかず.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/3019">Coursera で Reproducible Research をうけた | Futurismo</a>
    </li>
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/2968">統計解析の基礎を学ぶ! edX の Foundations of Data Analysis をうけた | Futurismo</a>
    </li>
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/2961">Coursera で R 入門! Data Scientist の講座 2 つ | Futurismo</a>
    </li>
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/3069">鮮やかにデータを可視化する! coursera で Exploratory Data Analysis を受けた | Futurismo</a>
    </li>
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/3106">Gacco で 社会人のためのデータサイエンス入門をうけた | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>
</div>

関数型言語

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline3">
  <p>
    関数型言語も中途半端な頑張りに終わってしまった. SICP を読んでいたのだが、結局難しくて、途中で挫折してしまった.
  </p>

  <p>
    それから、Scala, Haskell, CommonLisp, Clojure と関数型言語を つまみぐいしたけれども、結局どれも中途半端。残るものはない.
  </p>

  <p>
    しかし、いろいろな言語に触れることで、 関数型言語の初歩はなんとなくわかったような気がする.
  </p>
</div>

その他小さい話題について

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline7">
</div>

<div id="outline-container-orgheadline4" class="outline-4">
  <h4 id="orgheadline4">
    MOOC について
  </h4>

  <div class="outline-text-4" id="text-orgheadline4">
    <p>
      今年の前半まで、MOOC を頑張っていた.
    </p>

    <ul class="org-ul">
      <li>
        <a href="http://futurismo.biz/archives/3032">システム制御は奥が深い! 井戸の中の蛙な自分.coursera で Cloud Computing Cocepts をうけた | Futurismo</a>
      </li>
      <li>
        <a href="http://futurismo.biz/archives/3109">仕事に関わる知識を MOOC で! Coursera で Cloud Computing Concepts Part2 を受けた | Futurismo</a>
      </li>
      <li>
        <a href="http://futurismo.biz/archives/3950">ハードウェアの仕組みを学ぶ!coursera で From Nand To Tetris Part1 を受けた | Futurismo</a>
      </li>
      <li>
        <a href="http://futurismo.biz/archives/3975">リアクティブプログラミングの世界観を垣間見!coursera で Principles of Reactive Programming を受けた | Futurismo</a>
      </li>
    </ul>

    <p>
      しかし、ある日突然、MOOC に対して興味を失ってしまう&#x2026;
    </p>

    <ul class="org-ul">
      <li>
        <a href="http://futurismo.biz/archives/4140">MOOC をはじめてから 2 年たち、そろそろ飽きてきた | Futurismo</a>
      </li>
    </ul>
  </div>
</div>

<div id="outline-container-orgheadline5" class="outline-4">
  <h4 id="orgheadline5">
    楽しかった FX
  </h4>

  <div class="outline-text-4" id="text-orgheadline5">
    <p>
      今年一番楽しかったのは、FX システムトレードのプログラムを Python で書いたことだ.
    </p>

    <ul class="org-ul">
      <li>
        <a href="http://futurismo.biz/archives/4455">FX シストレプログラム AWS でサーバ借りてデビュー | Futurismo</a>
      </li>
      <li>
        <a href="http://futurismo.biz/archives/4392">夏休みの自由研究 は OANDA API を利用して FX システムトレード | Futurismo</a>
      </li>
    </ul>

    <p>
      儲からなかったけれども、作り上げる喜びを感じた.
    </p>
  </div>
</div>

<div id="outline-container-orgheadline6" class="outline-4">
  <h4 id="orgheadline6">
    Emacs にあきる
  </h4>

  <div class="outline-text-4" id="text-orgheadline6">
    <p>
      2015 年の前半は、Emacs が好きだった。なにか Elisp で作品を書きたいと思っていた. だが、結局アイデアが浮かばずに、なにも作れなかった.
    </p>

    <p>
      そして、Emacs 自体にも飽きてしまった. 普段の開発では Eclipse をつかってるからね.
    </p>
  </div>
</div>

そして迷走する

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline8">
  <p>
    2015 年の下期、とにかく自分がなにをすればいいか分からなくなってしまった. 詳しい経緯は、以下の記事にまとめた.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/3944">自分はプログラミングが好きなのだろうか? | Futurismo</a>
    </li>
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/5439">プログラミングに興味がなくなってしまった | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    いったい、自分はなにをすればいいのかわからない. こんな状態で、来年度の目標をどう立てればいいのやら&#x2026;.
  </p>
</div>

2016 年の目標

前にも書いた通り、今はプログラミングに対するモチベーションが下がっている.

目標はないよりもあったほうがよい.暫定の目標だ.

熱中できるようなおもしろいなにかが見つかったら、そっちに注力することにする.

TOEIC

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline10">
  <p>
    プログラミングに飽きてしまったが、その空いた時間を利用して TOEIC の勉強をしている.
  </p>

  <p>
    とにもかくにも、英語ができないと MOOC もできないし、洋書も読めない.
  </p>

  <p>
    英語力を向上させる一年としたい. 目指せ、860 点!!
  </p>
</div>

プロコン

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline11">
  <p>
    やることがなくなってしまったので、 とりあえずの目標. この目標は変えるかもしれない.
  </p>

  <p>
    TopCoder で Div1 にあがることが目標. 具体的な対策は以下に書いた.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/5552">プロコンをはじめたので今後の対策方法について考えた | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>
</div>

Clojure

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline12">
  <p>
    関数型言語を引き続き勉強したい. そのための手段として Clojure を選ぶ.
  </p>

  <p>
    Scala をやったほうが仕事で生かすチャンスはありそうなものだが、 なぜかわからないが、Clojure に惹かれるのだ.
  </p>

  <ul class="org-ul">
    <li>
      <a href="http://futurismo.biz/archives/4649">シンプルさが前に進む力となる Clojure | Futurismo</a>
    </li>
  </ul>

  <p>
    今、まともに利用できる言語は、C, Java, Ruby の 3 つくらい. これに、来年は Clojure を加えたい.
  </p>
</div>

12 Dec 2015, 13:41

プログラミングに興味がなくなってしまった

このブログ、10月, 11月と2ヶ月間、更新しなかった。

なぜなら、技術的なこと、 とくにプログラミングに対して興味が持てなくなってしまったからだ。

自分でも、なんでこんなことになってしまったのか、わからない。

かつては、プログラミングが大好きで、プログラマになってよかったと 心から思っていたので。

今日、精神科の先生からうつ病の診断書が出された. うつ病による2ヶ月の自宅療養が必要とのこと。

IMG_UTU.jpg

ここに至るまでの心の変化を過去記事とtwitterから振り返る.

プライベート

去年までは、熱心にMOOCの勉強をしていたのだが、 MOOCはやっぱり自分には難しく、消化不良で終わることが多かった.

以下の記事を書いたのが, 6月.

MOOCをやめて、書籍による勉強に切り替えたのだが、 書籍による学習も、挫折を繰り替えした. どうも、自分は理解力がないというか、頭が悪いというか、 どの本を読んでも、理解できずに途中で読むのを諦めてしまった.

以下の本を読んでどれもこれも挫折したのが精神的に響いた. 今思えば、どれも難しい本なので挫折して当然なのだけれども.

自分は理解力がないという脅迫観念がいつも頭をよぎるようになった.

仕事でも話す力や理解する力が足りないような気がしてきた.

なにをやってもうまくいかないので、 いったいプログラミングはなにが楽しいのだろうと考えてみた.

なにかものをつくると楽しさを思い出すのではないかと思って、 なにかを作ろうとした.

Emacs Lisp と Ruby on Railsに手を出した. どちらも、アイデアと技術力不足で挫折した.

なにをやっても挫折してしまうので、 ここにきて、次になにをすればよいのかわからなくなってしまった.

仕事

このブログは会社の同僚も読んでいるので、仕事のことは、軽めに.

半年間、プログラミングを仕事でしなかった.

プログラミングがしたくて、今年もいろんな言語に手を出した. R, Scala, Emacs Lisp, Scheme, CommonLisp, Clojure, Python…

次の仕事は、Pythonによる新規開発だと言われたので、Pythonをたくさん勉強した.

けど、やむを得ない事情があって、Javaの流用開発になった.

やっとプログラミングができると思って初めはうれしかった.

でも、流用するコードは、複雑で読んでも理解できない. 次第に嫌になってきた.

流用開発は、当たり前にあることだし、それが嫌だなんて甘えだとおもってる.

でも、コードを見るのがとても苦痛になってしまった. 今は、プログラミングが嫌で嫌でしかたがない.

まとめ

とりあえず、休職したい.

かつてのように、技術的興味が回復するのを祈る.

もし、技術的なことに興味が持てなければ、 この先プログラマとして仕事をしていく自信がもてない.

09 Sep 2015, 13:00

対話力が足りない

年月を重ねると、5年、10年先の先輩に追いつくことができるのだろうか?

最近、このことをよく考える. プログラミングスキルだけを磨いていても、 一人前のプログラマにはなれない気がしてきた. 自分に足りないものはなんだろうか? それは、対話力のような気がしてきた.

対話力が足りない

もともと、会話することに苦手意識がある. 会話のない家庭に育ったからだと思う. 最近、自分の会話力のなさをよく痛感するようになった. 対話する力が自分には欠けている.

対話力は、理解力と説明力に分解できる. 両者に共通していることは、一番大切なことを伝えるということだ.

理解力

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline2">
  <p>
    理解力は、相手の言っていることを理解すること. 話の中で、一番言いたいことを見つけ出して、 それを一段高い視点からとらえる行為. たとえば、進捗報告を聞くとすると、なにが原因で遅れが生じているのか、 ということが、もっとも聞きたいことだ。
  </p>
</div>

説明力

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline3">
  <p>
    説明力は、相手に言いたいことを伝えること. 話の中で、一番言いたいことを相手に伝えなければいけない. 伝えたいことと、その根拠を論理立てて相手に伝える行為.
  </p>
</div>

対話力をつけるにはどうすればいいか?

以下が、対話力克服のために考えた改善方法だ.

  • 失敗記録をつける
  • 反復練習をする
  • 話を高い視点から眺める
  • 一番言いたいことを意識する

理解力

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline5">
  <p>
    理解力をつけるためには、 論理的に話の流れを分解するクセをつける. 目の前の言葉の羅列から一歩ひいて、 相手の言いたいことを理解するように努める.
  </p>
</div>

説明力

<div class="outline-text-3" id="text-orgheadline6">
  <p>
    説明力をつけるには、 はじめに結論を言ってそのあとに理由を述べるクセをつける. 話の流れが、支離滅裂にならないように注意する. 失敗したら、その結果をメモ帳につける. 再び失敗しないように家でシミュレーションをするようにする.
  </p>

  <p>
    小さな努力を積み重ねないと、なにも自分は変わらない.
  </p>
</div>