• このエントリーをはてなブックマークに追加

Sphinxは、htmlやPDF以外にも、epub形式への変換をサポートしている。
今日は、epub形式でSphinxドキュメントをビルドして、iPadで電子書籍を読むところまでを試してみた。

ePubとは

ePub形式とは、電子書籍で広く採用されている拡張子の規格。
http://ja.wikipedia.org/wiki/EPUB

Sphinxを利用すると、テキストからepub形式のファイルが一瞬で作成できてしまう!

copy.pyのepubの出版情報を記入する

epub形式での出力のためには、sphinxルートディレクトリにあるcopy.pyにepubの情報を記入してやる必要がある。

そもそも、Sphinxを始めた時(sphinx-quickstart)、epubを有効にしていない場合は、設定する項目すらない。

Sphinx can also add configuration for epub output:
> Do you want to use the epub builder (y/N) [n]:

そんな時は、以下のサイトの下の方に設定情報があるので、それをcopy.pyの一番下にコピペする。(自分はそうした)

copy.pyには以下の情報を記入。

epub_basenameは必須項目。ほかは入れなくても大丈夫っぽい。

epub_basename(必須) epubのファイル名
epub_title epubのタイトル
epub_author epubの作者名
epub_copyright コピーライト

ちなにみに、入力のときは、=u’xxx’な感じで、日本語を使うときにuを入れないとエラーする。uがUTF-8を示す。

# -- Options for Epub output ---------------------------------------------------
epub_basename = 'Shinigami_kai'

# Bibliographic Dublin Core info.
epub_title = u'死神・改'
epub_author = u'神楽家きつね'
#epub_publisher = u'神楽家きつね'
epub_copyright = u'2012 神楽家きつね All right reserved'

make epubでSphinxからepub形式へ変換する

変換元のrst形式ファイルは作成済みであること。

rst形式ファイルからSphinxのmakeコマンドでepub形式へ変換するには、

sphinxのルートディレクトリで以下のコマンドを叩けばよい!(簡単\(^0^))

make epub

すると、./_build/配下にepubディレクトリが作成される。

そのしたに、(copy.pyでいれたepub_basename).epubというファイルがある。

これが、epub形式に変換されたファイルだ。

Droxbox経由でiPhone/iPadからepubファイルを見てみる

epubファイルをDropboxの任意の場所に置いて、iPhone/iPadのDropboxアプリで見てみる。

DropboxDropbox

価格: 0円 iTunesで見る

posted with sticky on 2012.12.9

Dropboxのアプリ自体にepub形式のファイルを閲覧する機能はないので、iOSのデフォルトアプリ、ibookで開くを選択。

skitch

すると、iBookが起動して、電子書籍のように閲覧することができる。
IMG_0014 

参考になったサイト