• このエントリーをはてなブックマークに追加

JUnitをEclipseで利用する方法をメモします。

環境

  • Windows 7 64bit
  • Eclipse 4.2 Juno
  • Java SE 7.9

JUnitはJava用の単体テストフレームワーク

JUnitとは、Java用の単体テストフレームワーク。
Javaでのロジックテストが簡単にできる、お助けツール。
(Wikipedia: http://ja.wikipedia.org/wiki/JUnit)
この本がJUnitでは、一番有名。TDDのバイブル。

 

JUnitのダウンロードとインストール

JUnitを手に入れる

JUnitはGuitHubより落としてこれる。

JUnitのインストールは、落としてきたフォルダを任意の場所に置くだけ。
(ここではC:\src\junitにおいた)

フォルダに環境変数のパスを通す。
[コントロールバネル] > [システム] > [システムの詳細設定] > [環境変数]を選択。
下段のシステムの環境変数の中からPathを選択して、[編集]を選択。
すでに入っている値の最後に”;”をつけてから、パスを追加する。

C:\src\junit

EclipseでのJUnit ビルド・パスの設定

EclipseでJUnitを利用するために、ビルド・パスを通す。

プロジェクトを選択して、[ブロパティ] > [Javaのビルドパス]を選択。

[ライブラリ]タブ > [ライブラリの追加] > [ユーザライブラリ] > [次へ]

[ユーザライブラリ] > [新規]を選択。

ライブラリを作成するために、[JUnit4]と名前をつける。

続いて、[外部Jar追加]。

ここで、先ほどおいたファイルの中にあるjunit-4.11.jarを選択する。

Eclipse JUnit プラグインを利用する

Eclipseでは, Eclipse JUnit プラグインを利用すると簡単にテストケースが作成できる。

(Eclipse JDTには標準で入っている)

テストコードを書きたいソースコードを右クリックして、[新規] > [JUnitテストケース]を選択。今回のテスト対象は、以下の通り。メソッドより期待値が返されるかをテストする。

public class sample {
    public static int num() {
    	return 10;
    }
}

ここでは、新規JUnit 4テストケースを選択。とりあえず、細かい設定は置いておいて、完了を選択。テストケースが自動生成される。

import static org.junit.Assert.*;

import org.junit.Test;

public class sampleTest {

	@Test
	public void test() {
		fail("まだ実装されていません");
	}

}

JUnitテストの実行

テストの失敗

プロジェクトを選択して、右クリック。

[実行 > [JUnitテストの実行] を選択して、テストケースを実行する。

まだなにも期待値を書いていないので、テストは失敗する。

image

テストの成功

fail(“まだ実装されていません”);の部分を置き換えてテスト実行すると、テストは成功する。

assertEquals(10, sample.num());

image

assertEqualsは、期待値(10)と結果(sample.num() )を比較する関数。

等しければテストは成功する。

assertEqualsだけ覚えれば、とりあえずどんなテストでも書ける(乱暴な言い方)。