• このエントリーをはてなブックマークに追加

SphinxとJenkinsを組み合わせたら、どんなことが可能なのか考えてみた。

  • (版数管理を前提として)チェックインをトリガにして、Sphinxドキュメント生成。
  • 文字列をカウントして、グラフ化。
  • スペルチェックや表記の揺れをチェック。

結局いろいろ調べて、まだそういうツールないということはわかった。
文字列カウントも、スペルチェックもできないことは分かった。

文字列カウントは make textで生成したテキストファイルをカウントして、グラフ化する仕組みを作れば実現可能かも。

表記の揺れは、Yahoo の提供する校正支援APIを利用すれば、実現可能かも。
http://developer.yahoo.co.jp/webapi/jlp/kousei/v1/kousei.html

というわけで、できることとして、文字列カウントの代わりに、ステップカウントを入れた。
追加で、JenkinsのTask Scanner Pluginを入れた。

こんな流れ

sphinxのファイルをgit commit

Jenkinsにwgetで通知

Jenkinsで make html
Task Scan
ステップカウント

うーん、これではまだまだ使い物にはならないな。

image