• このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の続き。

Sphinxを試してみた動機は、テキストで版数管理しつつ、WordやWeb形式に変換したいということだったので、今回はgitとSphinxを連携してみた。

Gitリボジトリをつくる

まずは、Sphinxのトップディレクトリでgitのリポジトリを作成。

git init

次に、.gitignoreの設定。
ここでは、ビルドした生産物を除外する。

echo “_*” >> .gitignore

はじめてのコミットをする。

git add .
git commit -m”first commit”

git commit でSphinxを make html してみる

commit後にコマンドを実行するためには、.git/hooks/ディレクトリ配下に、post-commitフォルダを作成し、そこに実行したいコマンドを書く。

というわけで、

cd .git/hooks/
emacs post-commit

post-commtの内容は以下

#!/bin/sh
make html

実行権限を与えて完了

chmod a+x post-commit

 

参考リンク