• このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、Kinect for Windowsと MikuMikuMovingを組み合わせて、3DのキャラクターをKinect で操作する方法を知らべた。

Kinect for Windows によるMMDの使い方

今回は、それをちょっと応用してみて、Kinect で 落語をしてみた。
(実はこれがやりたくて、Kinectを購入した)

味噌豆 on MMD

演じてみたのは、古典落語の小噺『味噌豆』。

出囃子は志ん生師匠の一丁入りを拝借しています。
(http://www.youtube.com/watch?v=RK0UUX-K31s)
ステージは、MMD演芸場(http://www.nicovideo.jp/watch/sm12172730)
モデルは、双音レンジ(http://mmd.dip.jp/files/320)
を利用させていただきました。

もう少し改善したい点は、

  • 手の仕草(パーしかできない)
  • 表情
  • リップシンク
  • 自分の部屋の狭さ(えっ?(・0・)?)

まあ、鑑賞に堪える(耐える?)ようなので、よしとしよう。