• このエントリーをはてなブックマークに追加

AtomでMarkdownを快適に執筆するための設定を調べた。

自分はEmacs派なのだけれども、最近EmacsはWordPressの執筆用にしか使わなくなってきた。そこで、WordPressを快適に執筆するための環境を調べたところ、LinuxではAtomが良さそうだったので、試しにAtomでブログを書くことにした。

Emacsを捨てる気はないヨ! ちょっとした浮気だよ。

環境

  • Ubuntu 16.02
  • Atom 1.18.0

スポンサードリンク

atomのインストール

公式サイトにアクセス https://atom.io/

Ubuntuなので、debパッケージをダウンロードし、以下のコマンドでインストール。

sudo dpkg -i atom-amd64.deb

基本設定

日本語化設定

  • メニューバーからHelp->WelComeGuideを選択
  • 「Install a Package」を選択
  • 「Open Installer」を選択
  • フォームに「japanese」と入力し、「Packages」を選択
  • パッケージが表示されるので、「japanese-menu」の「Install」を選択

フォントを設定する

フォントが小さいので大きくする。

  • 編集 -> 環境設定を選択
  • Editorsを選択
  • FontFamily にフォントを入力(ここではRictyを入力)
  • Font Size で適切な大きさを入力(ここでは18を入力)

テーマの設定

Monokaiが好きなので、それに変更する。https://atom.io/themes/monokai

  • SettingsからInstallを選択
  • Monokaiを検索し、インストール
  • Themesを選択し、Syntax ThemesでMonokaiを選択

基本パッケージのインストール

パッケージのインストール方法は、以下でいけます。

  • 編集 -> 環境設定を選択し、設定を開く
  • パッケージを選択
  • フォームでパッケージを検索してインストール

atomic-emacs

AtomでEmacsキーバインドを利用するためのパッケージ。これは必須だ。

highlight-line

現在ラインをハイライト

Markdown

もともとの目的である、Markdownでの執筆を便利にするプラグインを入れる。

markdown-preview

Markdownのプレビュー機能は、デフォルトでインストールされている。 Ctrl+Shift+Mで Markdownプレビューウィンドウをtoggleできる。

Markdownプレビュー画面のGithubスタイル適用

インストールパッケージからMarkdown-Previewを検索し、
Use Github.com Style にチェックを入れる。

markdown-scroll-sync

エディタにあわせて、markdown プレビュー画面を自動スクロール。

markdown-writer

Markdownの入力支援のパッケージ

たとえば、- の次に改行を入力すると、次の – が自動で挿入される。

tool-bar-markdown-writer

便利なツールバーを表示してくれる。Markdownの記法を覚えてないので、これは便利。

markdown-writerとtool-barが必要。

  • markdown-writerをインストール
  • tool-barをインストール
  • tool-bar-markdown-writerをインストール

tool-bar

tool-bar-markdown-writerの使用に必要

WordPressに投稿する方法

  • markdown previewから、右クリックで HTMLを保存を選択。
  • WordPressの投稿画面を開き、投稿画面にペースト。