• このエントリーをはてなブックマークに追加

三目並べ(tic-tac-toe) にモンテカルロ法を試してみました。

元ネタは、これ。

この本のコードは Octave でかかれているのだけれども、それを Python にポーティングしてくれた人がいた。

自分はなにをしたかというと、このコードを OpenAI Gym の tic-tac-toe に対応させてみた(tic-tac-toe は非公式)

ただ移しただけだと動かなかった。それから 10 時間くらいでばっくをしていた。頭がおかしくなる。

スポンサードリンク

コード

(追記; コメントと関数名が適切でないかも、あとで見直します)

おまけ: プルリク奮戦記

じつは、OpenAI Gym の tic-tac-toe リポジトリにバグっぽいのをみつけた。

ピンチ!いやチャンス?

自分は他人の Github リポジトリにプルリクをしたことがないのだ。

まずは気さくな感じを醸し出して質問をしてみた。Hello!! :-)

1 分も立たずに返信が帰ってきたのでビビる。はえーよ!

feel free to provide a PR!!

もうこの言葉が理解できずにガクガクした。なにかへんな英語表現を使っちゃったかな??

大丈夫、PR は Pull Reqest のことだ。って、ぅえ〜〜〜〜〜。やったことないよ〜〜〜。

プルリクエストの作法を調べる。

  1. branch 経由
  2. fork repository 経由

検索上位に引っかかるのは、初心者は branch を切る方法が勧められている。

  1. 初心者向け Github への PullRequest 方法 – Qiita
  2. Pull Request の仕方 – Qiita

バカだから何を思ったのか、fork ポタンをポチリ。。。。。fork してしまったぁぁ!!!

とりあえず、バグの修正をして、fork した自分のリポジトリに push

そして、GUI 画面から PULL REQUEST !!!!

ふう、まつこと数分・・・ 10 分でレスポンスが帰ってきた。もう心臓に悪りーよ。

  • コメントの単語が適切でない
  • 冗長な for 文の回し方をしている

その通りです、なにもいうことはありません。 こっちも急いで修正して、再コミット!!

祈った。。。そうして待つこと 15 分、ついに Merge されました〜〜〜〜!!!

うらららららららららら〜〜〜〜〜〜〜!