• このエントリーをはてなブックマークに追加

実践的な強化学習の教材、Practical RL をやりはじめた。

スポンサードリンク

これはなに

HSE と Yandex SDA というロシアの大学?で教えられている強化学習のコースが、 オンライン学習のために英語とロシア語で公開されている。

教材は、オンラインで強化学習をするためのリソースのいいとこどりをしている。

各週のディレクトリに動画や pdf のリンクがかかれた README がある。

また、”実践” とつくだけに、各週の課題が Jupyter Notebook で与えられ、OpenAI Gym を活用する。

fast.ai の講座 が予想以上によかったので、実践的とかかれると期待してしまう。

強化学習のコースなのだが、最近の動向に合わせ Deep Learning(DQN) の内容も盛り込まれている。

Deep Learning のためのライブラリは、Lasagne というライブラリが推奨されている。 しかし、Tensorflow 版の課題ノートも公開されている。

シラバス

github の README から抜粋。詳しくは、元サイトへ。

前半で、強化学習の話題をカバーしている。中盤で、Deep Learning の話題が出てくる。後半はよくわからない。

    week0 Welcome to the MDP
    week1 Crossentropy method and monte-carlo algorithms
    week2 Temporal Difference
    week3 Value-based algorithms
    week4 Approximate reinforcement learning
    week5 Deep reinforcement learning
    week6 Policy gradient methods
    week6.5 RNN recap
    week7 Partially observable MDPs
    week 8 Case studies 1
    week 9 Advanced exploration methods
    week 10 Trust Region Policy Optimization.
    week 11 Model-based RL: Planning

他のコースとの比較

他のコースと比較検討して Practical RL を進めようと思ったので、その理由も書いておく。

Practical RL のデメリットは、課題 の解答が公開されていないところ。

fork している人のリポジトリを覗いて自分の解答と照らし合わせようかと思ったけれども、 参考になりそうなリポジトリがあまり見つからなかった。

ということで、自分は途中で挫折する可能性が高いので、 このコースに挫折したら次にやることも考えておく。

Learning Reinforcement Learning – WildML

強化学習の主要な話題が Jupyter Notebook と共に提供されている。うれしいことに、解答付きだ。

ただいま作成中のようなのと、学ぶ方法が Sutton 本を読むことに偏っていたのでやめた。

しかし、Practical RL に行き詰まったらこっちにシフトしようかと考えている。

UCL Course on RL

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの強化学習の講義資料

この動画は、Practical RL の中で何度も引用されていてみることが進められている。

なので、Practical ML を進めたらこの講義内容はカバーできるのと、 課題が見つからなかったので止めた。

追記: 2016 年のページ見つけた。課題もしたのほうにある。

CS 294: Deep Reinforcement Learning, Spring 2017

UC Barkeley の Deep Learning と強化学習を学ぶ講義資料。

強化学習に Deep Learning を使う。ライブラリは Tensorflow.

講義動画がしっかりそろっている。

課題は 4 つある。掲示板も Reddit を使っていて課題につまったときは検索できそう。

これを選ばなかった理由は、Practical RL よりも難しそうな印象を受けたから。 Deep Learning も 強化学習もわからないのに、それを合わせた内容をバンバン紹介されても消化できなさそうだ。

また 、Practical RL からもこのコースの動画や課題(hw3)が紹介されていたので、 うまくつまみぐいできるかと思ったから。

UC Barkeley CS294 Deep Reinforcement Learning

2015 年の Barkeley の Deep Reinforcement Learning

2017 年版の元になったコースだ。内容は、短くまとまっている(4つ??)

UC Berkeley CS188 Intro to AI

2014 年の Berkeley の AI コース。

レクチャー動画や課題はしっかりしている。Project もおもしろそうだ。

扱っているものは、基本的なもので Deep うんたらはでてこないので少し古さは感じる。

An introduction series to Reinforcement Learning (RL) with comprehensive step-by-step tutorials.

Git-Base のチュートリアリル。提供元団体不明。個人かな?

このチュートリアルも作成中のようだが、前半はほぼ完成している。

README とコードベースのチューとリアルなので、 それほど英語力や数学力を求められない、今までで一番やさしそうな印象を受ける。

扱っている話題は、Q-Learning, OpenAI Gym, DQN, Deep Convolutional Q-Learning, ROS などなど、おもしろそうなものばかりだ。

Udacity Reinforcement Learning

MOOC の大御所 Udacity が提供しているコース。

短い動画がたくさんある。二人の掛け合いによって動画が進んでいき、 とっつきやすい感じはある。

課題はなく、短いので、理解が足りないところを補足する目的で見てもみてもいいかも。

Reinforcement Learning: An Introduction – Richard S. Sutton and Andrew G. Barto

言わずと知れた、強化学習のバイブル。これを腰を据えて読むのがいいのかも。

第2版には、サンプルコードが提供されているようだ。ただし、解答はなし。

Udemy Artificial Intelligence A – Z

Udemy の AI コースも, 最新の話題を扱っている。セールのときに 1200 円で買った。

    Module 1: "Self Driving Car"
    Module 2: "Deep Convolutional Q-Learning"
    Module 3: "A3C"

なんと、フレームワークは Pytouch を使う。

  • Module1 では、シミュレータ上の車のライントレースを DQN で行う。
  • Module2 では、OpenAI Gy 上で Deep Convolutional Q-Learning を学ぶ。
  • Module3 では、A3C という発展的な話題を扱う。

これで、1200 円だ。安いと思う。

Simple Reinforcement Learning with Tensorflow

TensorFlow による 強化学習の実装チュートリアル。

以下は内容。コードはここ https://github.com/awjuliani/DeepRL-Agents

  • Part 0 — Q-Learning Agents
  • Part 1 — Two-Armed Bandit
  • Part 1.5 — Contextual Bandits
  • Part 2 — Policy-Based Agents
  • Part 3 — Model-Based RL
  • Part 4 — Deep Q-Networks and Beyond
  • Part 5 — Visualizing an Agent ’ s Thoughts and Actions
  • Part 6 — Partial Observability and Deep Recurrent Q-Networks
  • Part 7 — Action-Selection Strategies for Exploration