• このエントリーをはてなブックマークに追加

Emacs で、anaconda 環境を切り替える便利な eLisp に conda.el というものがある。

しかし、これがどうもうまく動かなかったので調査してみた。

環境

  • fish shell 2.5.0
  • Emacs 25.1.2

スポンサードリンク

事象

conda-env-activate を使うと、切り替わったよというメッセージはでるが、 実際は Anaconda の root を使っている。指定した環境を使ってくれない。

原因

PATH に何が設定されてるか調べてみると。 (getenv "PATH")

"/home/tsu-nera/anaconda3/envs/kaggles/bin:/home/tsu-nera/.rbenv/shims:/home/tsu-nera/anaconda3/bin:/home/tsu-nera/.cask/bin:/home/tsu-nera/bin:/home/tsu-nera/go/bin:/home/tsu-nera/.rbenv/bin:/home/tsu-nera/script/scala:/home/tsu-nera/script/ruby:/home/tsu-nera/script/sh:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin:/usr/games:/usr/local/games:/snap/bin:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/bin:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/db/bin:/usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin"

つまり、二つのパスが登録されている。

  1. /home/tsu-nera/anaconda3/envs/kaggle/bin
  2. /home/tsu-nera/anaconda3/bin

使いたいのは、1 のほうで2はいらない。

なぜかわからないが、Emacs を起動すると、PATH を自動で読み込んでくれるようなのだ。

こんな機能しらないぞ!exec-path-from-shell をつかって実現する機能ではなかったか? デフォルトで PATH を引き継ぐように仕様変更されたのか??

解決方法

fish shell の環境設定ファイル(自分の場合は env.fish に分けている)、 から、anaconda のパスを削除すると、Emacs で conda-activate をつかった切り替えができる。

しかし、これでは、ふだん conda コマンドが使えない。

そこで、fish shellでこんな関数を定義した。まず Emacs を立ち上げた上で、conda を有効にする。

# anaconda
function conda-activate
    set fish_user_paths $HOME/anaconda3/bin $fish_user_paths
end

一時しのぎだけれども、これで Emacs から conda で環境を切り替えることができるようになった。