• このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-05-17-194233_264x267_scrot.png

fast.ai が提供する MOOC, Practical Deep Learning for Coders, Part1 を受けた。

追記:

Part2も受けました。

スポンサードリンク

特徴

プログラマのための実践ディープラーニング入門

この講座は、プログラマのためにある。素晴らしい理念の序文を引用したい。

The purpose of this course is to make deep learning accessible to those individuals who may or may not possess a strong background in machine learning or mathematics.

We strongly believe that deep learning will be transformative in any application; as such, this course is designed for individuals who possess a background in computer programming and would like to apply these techniques to their domain of expertise.

Deep Learning は、機械学習や数学に深い造詣がないといけないというまやかしを、 吹き飛ばそうという野心を感じる。

そして、機械学習も数学もできない自分にはピッタリの講座だ!

Practical~実践の意味、Kaggler になれ!

講師を努めるのは、Kaggle のかつての President、Jeremy Howard.

TED の動画もある。

そして毎週の課題は、Kaggle に挑戦すること。 そのうち、トップ 50% に入ることが基準として課される。

トップ 50% に入るのは、正直とてもたいへんだ。 しかし、この手法を使えば入れるという種明かしを授業のなかでしてくれる。

ここでタイトルの実践の意味がわかる。つまり、kaggle のデータを使って、 実際にデータ解析をすることで、実力をつけようという意図があるのだ。

実際、以下のコンペに挑戦する。

全て無料!ただし GPU つかうから AWS でインスタンス を借りてね

この講座は無料である。state-of-the-art の内容が無料で受けられる。

しかし、GPU をつかうから AWS を借りてねと言われる。1 時間 90 セントだから安いよと言われる。

p2 タイプというのが GPU 対応らしいのでそのインスタンスを借りる。

AWS の EC2 の自動セットアップスクリプトが提供されるのだけれども、 このスクリプトがアメリカとヨーロッパしか対応してなくて、アジアがない。

しかたがないので、アメリカの EC2 のインスタンスを使う。 操作すると、距離のせいか、レスポンスが遅いが、なんとか頑張る。

floydhub が使えるという情報を見つけた。

2 時間の動画と丁寧なレクチャーノート

毎週 2 時間の動画がある。他の MOOC は動画が短く区切られているけれども、 この MOOC は 2 時間ぶっ通しである。

なので、疲れる。毎回 TimeLine の wiki ページがあるので、 自分は途中休憩をはさみながら細切れに見た。

英語(ただし英語の字幕はある)なので、聞いていてもよくわからない。

しかし、ありがたいことに、すごく丁寧なレクチャーノートの wiki と Jupyter Notebook が提供されている。

疑問点があるときは、Forum で同じことに困っている人がいるので、Forum を検索する。

なので、英語のリスニングに不安がある人でも大丈夫。

Keras 大活躍

この講座では、Python2 と keras 1.x(Backend は Theano)を使う。なぜなら、簡単にかけるからだ。

(一応、Python3, Keras2 に対応した非公式リポジトリもある roebius/deeplearning1_keras2)

今まで TensorFlow しか知らなかったけれども、 Keras をつかうと、Deep Learning のコードがすごく簡単にかける。

Keras がこの講座で好きになった。

全 7 週間で最低 8 時間は自習しましょう

講義は全 7 回ある。2時間の講義ビデオに加えて 8 時間の自習が必要。

勉強時間は平均的に 8-15 時間が一般的らしい。 なかには、15-30 時間勉強する人もいるとか。

ハードだ。でも、他の MOOC と違い、自分のペースで進めることが出来るので、 時間に追い詰められることはなく、自分が納得できるまで努力することができる。

この MOOC は自習が重んじられているように感じた。

自分はこんな感じで、各回を進めた。

  • 動画みる(2h)
  • レクチャーノートを読む(2-3h)
  • Jupyter Notebook を読む(2h)
  • Assignment をやる(???)

講義メモ

以下、各回が終わるたびにメモを書いていきました。

lesson1: Image Recognition

lesson1 の動画はうれしいことに日本語字幕がついている。

前半で、AWS の環境構築をする。全てセットアップスクリプトが面倒見てくれるので、 問題なくセットアップできた。

それから、VGG16 という imagenet のモデルを ファインチューニングして、 Dogs vs. Cats Redux| Kaggle 用にモデルをつくる。

fine-tuning については、この記事が詳しい。

課題は、上記 kaggle のコンペティション(競技会)に参加してみること。 自分が参加したときは、もう既にこのコンペが終了していた。 提出はできたので、スコアを眺めてみたけれども、どうもあまり成績はよくなかった。

lesson1 では、理論的な話はでてこないので、説明された通りに進めていけば OK.

lesson2: CNNs

前半は、lesson1 の課題の説明。Dogs or Cats コンペで 上位に入るための種明かしがされる。

後半は、CNN について。CNN の説明はガイダンスでしたよね?といわれ、 CNN の理論は飛ばされて線形問題を SGD で解くことをやる。 そのあと、Keras をつかって、線形問題を解く。

その後、Keras をつかって、スクラッチから Dogs vs Cats をかいて どうやれば精度が向上するかを実験する。

課題は、コンペで 50%以内に入る種明かしを元に、再度 kaggle に挑戦してみること。 また、vgg16 の fine-tuning による方法はいろんな kaggle のコンペに適用可能なので、犬猫以外のコンペに参加してみること。

また、課題図書で 以下を読むこと。こんなに読めないよ!!と思ったので、読まなかったけど。

てか、普通にこれだけ勉強するなんて、アメリカの学生勉強しすぎでしょ、偉いよ。

lesson3: Overfitting

前半は、CNN の復習。サブ講師のレイチェルさんがちょくちょく質問をして、講義を遮る。

後半は、Overfitting と Underfitting について。以下の手法が紹介される。

  • Data Augmentation
  • Dropout
  • Bach Normalization

そして、これらのテクニックをつかって MMIST の認識を試み、 精度 97%まで達することを示す。自分も Kaggle の Digit Recognizer で好成績を出すことが出来た。

課題は、今までの復習(CNN はここまで)を各自でやるようにとのこと。 それから、State Farm のコンペで上位 50% に入ることが課せられるのだが、 これができなかった。。

lesson4: Embedding

前半は、CNN を Excel で表現していろいろ動かしてみるデモ。

それから、いくつかの最適化手法が紹介される。

  • Momentam
  • Adagrad
  • RMSProp
  • Adam
  • Eve

これを Excel で実装したものが与えられるのだが、Excel もっていない。 LibreOffice では、VBA マクロを動作させることができない。 しかたがないので、Lecture Note と Video で雰囲気だけ感じた。

それから、State Farm のコンペの攻略法について 30 分ほど話がある。 Psuedo-labeling という手法。今週も頑張ってねとのこと。

Psuedo-labeling で検索かけたら面白いスライド見つけた。10 位だって、すごい。

State Farm の課題はサーバーのメモリエラーが発生したので Pesude-labeling の手法ができない! 上位 50%は諦めた。

State Farm が終わったら、Fisheries Monitoring のコンペが紹介される。 Vgg16 の転移学習を試したら、すぐにいい成績が出た。転移学習最強説がでできた。

最後に協調フィルタリングの紹介。Excel のソルバーを使ってデモをしていたけれども、 自分は Excel を持っていないので、試すことができない。 講義資料の ipynb で keras による、協調フィルタリングの説明もある。 ここで、embedding という概念を説明して、次の lesson の word embedding につながる。

lesson4 は Excel 大活躍だな。

lesson5: NLP

まずは、Vgg16 に BatchNormalization を適用したモデルの紹介。

次に、協調フィルタリングについて先週のノートを元に復習したあと 今回のテーマである NLP に。

センチメント分析を Embeddings をつかって実施する。 データは、IMDB という映画のレビューのデータセットを利用する。

単純なモデルから、複雑なモデルへと説明していき、精度が向上することを確かめる。

面白いと思ったのは、NLP の世界でも画像のような訓練済みのモデルを使った 転移学習ができるということだ。Glove という訓練済みのモデルを利用したりした。 日本語の訓練済みモデルが欲しいところだ。

最後に、次のレッスンの導入として RNN の簡単な説明があって終了。

lesson6: RNNs

RNN のモデルが説明される。簡単なモデルから、だんだん複雑になっていく。

文章の文字を読み込んで次の文字を推測するということをやる。

  • 3 層のモデル
  • 8 層のモデル
  • N 層のモデル
  • Sequential RNN
  • Stateful RNN

そして一通り説明が終わったところで、なんと、Theano がでてくる。

今までは実践的なことばかり教えてきて、Keras で簡単に DL を実装してきたけど、 Keras がどう動いているのかとか、低レイヤとかのことも知っておいたほうがいいよね、 というわけで、Theano による RNN の実装の説明がはじまる。

そして、次回予告として、次回は numpy で RNN を実装するよ!とのこと。感動の最終回??

lesson7: CNN Architectures

ResNet という新たなモデルが出てくる。 これは 2015 年に 現れた手法のようで、VGG モデルよりも複雑。 Input を 層を重ねたあとに Merge するというよくわからないことをやっていた。 ソースコードも提供されている。(courses/resnet50.py)

そのあとに、kaggle Fisheries Monitoring コンペの攻略法の解説。 lesson7 は、3/4 の時間を Fisheries Monitoring の解説に費やすというサービス。 Kaggle 必勝法が凝縮している講義だ。 自分は、一回動画を見ただけでは理解できなかった。

この講座はこれで最後でこれが終わったら、暇になるだろうから、 この Jupyter Notebook を何度も読んで、Kaggle で遊んでねとのこと。

そして、残りの 30 分で、numpy を使った RNN の実装と GRU の紹介。 LSTM よりも、GRU のほうが便利なので、GRU を紹介するとのこと。

難しいのが最後にきた。。keras は一行でかけるが本質を理解することが大事とのことで、 ここでも Theano による実装が紹介された。BackPropagation、復習しよう。

おわりに

この講座でおしいところは、紹介されている kaggle のコンペがすでに終わっているところだ。

今 Active な Kaggle コンペに参加して腕試ししようかと思って、入門の Titanic や Digit Recognizer にも挑んだりした。

DeepAnalytics という日本のデータ解析のコンテストサイト(Kaggle の日本版)を知った。 私は、この MOOC で学んだ技で腕試しをしようと思ってコンテストに挑戦した。そういう実力もつくのがこの MOOC だ。 自分がそういう力を数週間のうちに獲得できるとは思わなかった、順位は低いけど。

2017-05-17-193748_769x286_scrot.png

coursera で、Octave 使って Machine Learning 学んで結局何にも応用できずに終わるのならば、 この MOOC で実践的なことを学んで、Kaggle なり DeepAnalytics に挑戦したほうがいい。

Machine Learning よりも時代は Deep Learning だ。 DeepAnalytics では、参加者がどの手法や言語をつかったかが分かるのだが、 圧倒的に Python と DeepLearning が使われている。

この MOOC は実践的でかつわかりやすいところが素晴らしい。もっと知られるべきだ。 Udacity で Deep Learning Nanodegree Foundation を受講してるが、この MOOC ほうがいい。

この MOOC は Part2 もある。Part2 はもうすぐ公開予定。楽しみ!