• このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、Emacs よりも Jupyter Notebook の使用率が高いのだけれども(?!)、 今朝 twitter の タイムラインを眺めてたらこんなツイートが流れてきたので、飛びついた。

試してみたら、ものすごくクールだったので、スクショをとってみたのが以下。黒背景、メチャガチャクールだ。

2017-05-02-152410_980x543_scrot.png

スポンサードリンク

Jupyter Themes

Jupyter Notebook を 黒背景にするには、Jupyter Themes という extentions を使う。

インストールは pip から。

pip install jupyterthemes

これで、jt コマンドが利用出来るようになる。

テーマは以下のテーマがある。私の大好きな monokai がある!!これは、うれしい! 他にも solarized の Light と Dark がある。

$ jt -l
Available Themes: 
   oceans16
   chesterish
   grade3
   solarizedl
   monokai
   onedork
   solarized-light

テーマの適用には、-t <theme> をつけて jt を呼ぶ。

jt -t monokai

2017-05-02-152221_988x573_scrot.png

フォルダはこんな感じ。

2017-05-02-152123_1057x647_scrot.png

オプションに -N -T をつけると、ツールバーと ノート名を表示できる。

2017-05-02-152151_982x625_scrot.png

私の最終的な設定は、以下にした。 code のフォントは プログラミングに適していると言われている Ricty で有名な inconsolata。

jt -t monokai -f inconsolata -N -T

追記

seaborn の縦軸横軸の表示が、背景が黒だとなにもみえなくなった。以下で解決。

custom_style = {'axes.labelcolor': 'white',
                'xtick.color': 'white',
                'ytick.color': 'white'}
sns.set_style("darkgrid", rc=custom_style)

Emacs KeyBindings

こうなったら、Emacs ライクに Jupyter Notebook をしようと思い、 Emacs ライクにキーバインディングをする方法も調べてみた。以下の extentions を入れる。

pip install jupyter-emacskeys

これで、コードを書くときに Emacs keyBindings が使える、と思ったがここで一つ問題が。 Ctrl + n は Emacs では 下に移動に割当たっているのだけれども、 ブラウザでは新しいウィンドウを開くに割り当てられているので、使えない。

これは、Ctrl + n で新しいウィンドウを開くのを無効にする firefox プラグイン、 “Menu Wizard”を入れることで解決できた。

このプラグイン、バグっているのか再起動すると、設定が消えるので、 ブラウザを立ち上げるたびに設定しないといけないのが難点。 Shift-Alt-M で設定画面が開くのでそこで設定する。

さよなら Emacs

これで Jupyter Notebook が markdown ではなく org-mode でかければ最強なのだけれどもそんなマイナーなニーズには対応していない。

とはいえ、データサイエンティストを目指すには Emacs とはおさらばだ!!