• このエントリーをはてなブックマークに追加

Jenkinsをつかったステップ数表示について、以前CCCCを紹介した。
CCCCを利用してC言語のステップ数をJenkinsで表示するツꀀ
ネットで調べてみると、他にもステップ数を数える方法があったのでメモする。

  • Sonerを使う
  • c4juを使う
  • StepCounterを使う

Sonerは高機能なメトリクス解析ツール。だけど、メモリをたくさん消費するらしいので、サーバではなくノートPCで実験している自分には不向きなのでパス。

c4juはCCCCの出力XMLから Jenkins の「JUnitテスト結果の集計」で利用できる XML を出力ツール。こちらのサイトで紹介されている。
CCCC + Jenkins – ブログズミ

ただ、JUnitテスト結果の集計ビューはすでにGoogleTestで使っているため、これもパス。

残るは、StepCounter Plugin。こちらのサイトで紹介されている。
StepCounterプラグインの紹介- takumaの備忘録

結論としては、これが良い感じ。

StepCounter Pluginを使ってみる。

githubからダウンロードできた。

https://github.com/jenkinsci/stepcounter-plugin/tree/57da29cfa10a2f0f4cd62c544353044e343391d7

(現時点ではアップデートに必要な stepcounter.hpi がなかった)

ダウンロードしたら、[Jenkinsの管理] > [プラグインの管理] > [高度な設定] >[プラグインのアップデート]を選択。

ここで、/target配下にあるstepcounter.hpiを選択して、アップデートを選択。
そして、Jenkinsを再起動する。

これでStepCounterが使えるようになった。
あとは、ジョブの[設定] > [ビルド後の処理の追加]から[StepCounter]を選択してそれなりの設定を入れる。

image

出力結果

image

ファイルごとにステップ数もでる。

image

時系列の推移も大丈夫そうだ。