• このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで、oh-my-fish を fish のパッケージ管理として利用してました。

しかし、fisherman を利用すれば、oh-my-fish で利用してきた機能を置き換えることができることを知りました。

ということで、oh-my-fish は捨てて、これからは fisherman 一本で管理していくことにします。

スポンサードリンク

置き換え例

たとえば、

  • omf で hoge というプラグインを利用していた場合、fisherman で omf/hoge に置き換え可能.
  • omf で fuga というテーマを利用していた場合、fisherman で omf/theme-fuga に置き換え可能.

移行手順

以下のチケットにまとまっていました。

  1. fisherman のインストール
curl -Lo ~/.config/fish/functions/fisher.fish --create-dirs git.io/fisherman
  1. omf plugin を ~/.config/fish/fishfile に加えて fisher コマンドを叩く

加えるルールは以下のとおり

  • plugin xxxx を使っている場合は、oh-my-fish/plugin-xxxx
  • theme xxxx を使っている場合は、oh-my-fish/theme-xxxx
oh-my-fish/plugin-xxxx
oh-my-fish/theme-xxxx

そして、fisher コマンドを実行。

  1. oh-my-fish のアンインストール
omf destroy

トラブルシューティング

oh-my-fihs/theme-default をインストールしたら、git_is_repo という関数がないよと Warning がでた。

fiserman で、git_util をインストールしたら、warning はでなくなった。