• このエントリーをはてなブックマークに追加

Code Complete を読んでいて、テーブル駆動方式というものを知った.

条件分岐のロジックを配列やテーブルにデータをもたせ、そこからデータ取得することで処理を行う方式

入力されたキーで分岐して何か処理させたいとき、 普通はif文やswitch文を利用するのだけれども、 テーブル(配列)を利用すると、処理が短くかけるというテクニック.

  • キーが数値のときは配列をつかう
  • キーが文字のときは連想配列をつかう

テーブルには値を入れてもいいし、オブジェクトや無名関数をいれてもいい.

前回取り組んだ TopCoder SRM 675 Div2 Easy問題に適用してみた.

スポンサードリンク

問題

異なる長さの単位の変換を考える.

  • 1 ft = 12 in
  • 1 yd = 3 ft
  • 1 mi = 1760 yd

amount と fromUnit と toUnit が与えられるので、 toUnit の単位の amountを計算せよ!

普通の解き方

条件を全てif文で分岐して解く.

class LengthUnitCalculator:
    def calc(self, amount, fromUnit, toUnit):
        if fromUnit == toUnit:
            return amount

        if fromUnit == "in":
            if toUnit == "ft":
                return amount / 12
            elif toUnit == "yd":
                return amount / (12 * 3)
            elif toUnit == "mi":
                return amount / (12 * 3 * 1760)
        if fromUnit == "ft":
            if toUnit == "in":
                return amount * 12
            elif toUnit == "yd":
                return amount / 3
            elif toUnit == "mi":
                return amount / (3 * 1760)
        if fromUnit == "yd":
            if toUnit == "in":
                return amount * 3 * 12
            elif toUnit == "ft":
                return amount * 3
            elif toUnit == "mi":
                return amount / 1760
        if fromUnit == "mi":
            if toUnit == "in":
                return amount * 12 * 3 * 1760
            elif toUnit == "ft":
                return amount * 3 * 1760
            elif toUnit == "yd":
                return amount * 1760
        return 0.0

テーブル駆動方式

連想配列をつかって、キーと値を対応づける.

class LengthUnitCalculator:
    def calc(self, amount, fromUnit, toUnit):
        units = {
            'in': 1,
            'ft': 12,
            'yd': 36,
            'mi': 63360
        }
        return float(amount) * units[fromUnit] / units[toUnit]

うーん、鮮やか!!