• このエントリーをはてなブックマークに追加

Emacsのミニバッファから twitterにメッセージを投稿する小技.

スポンサードリンク

はじめに

最近は、非公開のtwitter個人アカウントに独り言をすることが多い.

Emacsから twittering-modeを利用してつぶやいている.

しかし、たまには?表の公開アカウントでつぶやきたくなるときもある.

そんなとき、Emacsからでなければいけいなということにストレスを 感じたのでミニバッファからツイートする方法を考えた.

ちなみに、Linux環境のための記事です.

コマンドラインからツイートする

ruby の twitter ライブラリを利用してスクリプトを書けば、 コマンドラインからツイートできる.

以下のようなスクリプトを用意.

#!/usr/bin/ruby
require 'twitter'
client = Twitter::REST::Client.new do |config|
  config.consumer_key        = "YOUR_CONSUMER_KEY"
  config.consumer_secret     = "YOUR_CONSUMER_SECRET"
  config.access_token        = "YOUR_ACCESS_TOKEN"
  config.access_token_secret = "YOUR_ACCESS_SECRET"
end
client.update ARGV[0]

これを実行可能にして、パスの通ったところにおくとツイートできる.

$ chmod +x twitter
$ twitter "テスト投稿"

Emacsのミニバッファから投稿

本題。以下の関数を定義した。

(defun twit-from-minibuffer (x)
  "Tweet message from minibuffer"
  (interactive "sEnter twitter message: ")
  (let ((tweet-message (concat "twitter " x)))
    (shell-command tweet-message)))
(global-set-key (kbd "C-c C-x t") 'twit-from-minibuffer)

これで、ショートカットからツイートできるようになった.

最後に

Emacsからツイートできないとストレスを感じることが異常かもしれない.

以上、Happy Hacking!!