• このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Table of Contents

1 はじめに

VBA で TDDできるか調べてみた.以下の3つがあるらしい

  • VBAUnit
  • VB Lite Unit
  • xlUnit

Outlookでも使えそうな VB Lite Unit を使ってみる。

2 使い方

前提として Visual Basic 6.0 Runtime Liblaryが必要。とりあえずよくわからないのでパス。

  1. ダウンロードしたものを、ハ-ドディスクの適当な場所に保存
C:\Windows\VbLiteUnit
  1. スタートメニュ「ファイル名を指定して実行」より
regsvr32.exe “C:\Windows\VbLiteUnit\VbLiteUnit.dll”

(管理者権限で実行しないと失敗した)

3.Outlookから VBEを開き、ツ-ルバ-から[ツ-ル] > [参照設定] を選択 4.表示されたダイアログボックスの中からVBLiteUnitを選択

5.デモソ-スをダウンロード

6.[ファイル] > [ファイルのインボ-ト]でデモソ-スをインポ-ト

  1. サンプルソ-スのtclsTestClauseTextを実行

表示のタブからイミディエイトウィンドウを起動。 入力コンソールに以下を打ち込んで実行。RunTests New (クラス名)で実行する。

RunTests New tclsTestClauseText

ただ、自分でテストコ-ドを書く方法はちょっと難しそうなので、また今度