• このエントリーをはてなブックマークに追加

Scala には例外処理の書き方としては、

  • try, catch,finally
  • Option 型 Try

の2つがある.

それぞれ、実際に実装してどんな感じか調べてみました.

スポンサードリンク

try-catch

try-catch で例外を処理する方法. これは、Java における例外処理と同じ.

以下のようなコードを書いた. これを、もう一つの Try[T] で書き換える.

object TryCatch {
  def main(args: Array[String]) {
    try {
      val result = divide(0)
      show(result)
    } catch {
      case e: Exception =>
    }
  }

  def divide(num: Int): Double = {
    try {
      val result = 1/num
      result
    }
    catch {
      case e: Exception =>      
        println("Failure!!")
        throw e
    }
  }

  def show(result: Double): Double =  {
    println(result)
    result
  }
}

Try[T]

このスタイルは、try-catch に比べて以下のようなメリットがある.

  • 複数の例外を紡いで処理を書いていくときに、正常系と異常系を綺麗に分 けてかいていくことができる(for 分とかで)
  • つまり、コードが綺麗にかける.

import scala.util.{Try, Success, Failure} を import して利用する.

object TryCatch {
  def main(args: Array[String]) {
    val result = divide(0)
    result match {
      case Success(v) => show(v)
      case Failure(e) => 
    }
  }

  def divide(num: Int): Try[Double] = Try {
    val result = Try{1/num}
    result match {
      case Success(v) => v
      case Failure(e) =>
        println("Failure!!")
        throw e
    }
  }

  def show(result: Double): Try[Double] = Try {
    println(result)
    result
  }
}

もっと Monadic に!!

main 関数は、以下のように flatMap や for 文を利用して書き換えることができる. この書き換えが Monadic なところなのだけれども、理解不足でこれ以上解説できません.

def main(args: Array[String]) {
  val result = for {
    result  <- divide(0)
    result2 <- show(result)
  } yield result2
}

try-catch が手続的なのに対して、flatMap をつかうと、ずっと宣言的に見える.

def main(args: Array[String]) {
  divide(0).flatMap( result => show(result) )
}

以上、Happy Hacking!!