• このエントリーをはてなブックマークに追加

document-428332_640.jpg

職場で作成するドキュメントはWordかExcel, PowerPointが標準だ. 最近、Lyncが社内に導入された関係でやけにPowerPointで資料を作成する 風土が増えてきた.

チキンなボクは、そんな風土に歯向かうほどの勇気がないので、 長いものにまかれてMicrosoft製品を使わざるを得ない. そこで、Emacs org-modeで PowerPointの資料がつくれないものか調べてみた.

結果的に失敗したのだが、かわりに Word仕様書をorg-modeで書く技 をみつけた.

スポンサードリンク

方針

大きく分けて、以下の2つの方法があるようだ.

環境

  • Windows 8.1
  • PowerPoint 2013

実は、PowerPointを自宅に持っていないので、評価版を利用.

org-mode形式 -> ODT形式 -> ODP形式 -> PPT形式

org-mode から ODT形式に変換

ox-odtパッケージを利用する.

これは、org-modeにデフォルトで入っているので、 以下のようにrequireする.

(require 'ox-odt)

実行のためには、

  • zip
  • unzip

コマンドに環境変数PATHが通っている必要があった. 自分の場合は、cygwinからダウンロードしたコマンドにパスを通した.

M-x org-odt-export-to-odt を実行すれば、odt形式のファイルが作成される.

ODT形式から PPT形式に変換

LibreOffice Writer からODTファイルを開く.

ファイル -> 送る -> プレゼンテーションに自動抽出

を選択.ODP形式でパワーポイントに出力される. それを PPTとして保存.

これでいけた!と思いきや… アウトラインしか出力されず、中身空っぽ.. これでは使えない(#゚Д゚)y-~~

しかし、このodtを Word形式やPDF形式に変換することで、 仕様書がorg-modeで作成できる!(^_^;)

おわりに

今回の記事では、PPTの作成ができなかった. 次回? beamerを試してみる.

怪我の香味で、ODTファイルをWord変換やPDF変換する方法が試せた. このことによって、

仕様書をorg-modeで執筆することができる

これは、とても嬉しいことだ.