• このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

はじめに

ledger は

Ledger は, *nix システムのコマンドラインで動作する, 複式簿記記録ツール.

メリットは,

  • command line
  • 複式簿記
  • データはプレーンテキストで保存
  • シンプル

以下から, ダウンロードできる. マルチプラットフォーム.

つかいかた

.dat 形式の独自 ledger フォーマットで記録していく.

以下, 3 日間の自分の記録. budger.dat で保存する.

; -*- ledger -*-

2015/03/30 .
    食費:外食:主食                              4.00
    食費:外食:飲み物                            2.00
    食費:自炊                                  17.00
    資産

2015/03/28 .
    光熱費:水道                                25.00
    食費:外食:カフェ                            3.00
    食費:外食:カフェ                            3.00
    食費:外食:主食                              6.00
    食費:自炊                                   3.00
    資産    

2015/03/27 .
    食費:外食:カフェ                            3.00
    食費:外食:カフェ                            3.00
    資産

バランスシート

集計は, bal を指定する.

$ ledger -f budget.dat bal
                  25  光熱費:水道
                 -69  資産:支出
                  44  食費
                  24    外食
                  12      カフェ
                  10      主食
                   2      飲み物
                  20    自炊
--------------------
                   0

トランザクション

項目の支出の確認には, reg を指定する. もちろん reg (項目) でフィルタリングできる.

$ ledger -f budget.dat reg 外食
15-Mar-30 .                      食費:外食:主食                        4             4
                                 食費:外食:飲み物                      2             6
15-Mar-28 .                      食費:外食:カフェ                      3             9
                                 食費:外食:カフェ                      3            12
                                 食費:外食:主食                        6            18
15-Mar-27 .                      食費:外食:カフェ                      3            21
                              食費:外食:カフェ                      3            24

Emacs 連携 (ledger-mode)

Emacs 用の lisp もある.

ledger のデータファイルを編集するときのメジャーモード. Emacs から ledger コマンドを発行するための 関数がとても豊富に容易されている.

よく利用するのが, M-x ledger-report (C-c C-o C-r) これで, いろいろな情報を簡単にまとめることができる.

org-capture との連携

(require 'ledger-mode)
(add-to list 'load-path  "~/.emacs.d/el-get/repo/ledger-mode/lisp")
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.dat$" . ledger-mode))

flycheck-ledger

ledger ファイルを flycheck でチェックすることもできる.

(with-eval-after-load 'flycheck
  '(require 'flycheck-ledger))

org-mode (org-babel) 連携

legder -f xx org とかくと, org-table 形式で出力.

これをやると, コマンドラインから使えなくなってしまうのが欠点.

以下の設定を追加. これで, org-babel で ledger が利用可能になる.

(org-babel-do-load-languages
 'org-babel-load-languages
 '((R . t)
   (shell . t)
   (ledger . t)))  ;; ★

#begin_src ledger :cmdline bal とかいてコードを書く. これを評価する と balance コマンドが発行される. :cmdline というオプションにいろい ろと指定すれば, 自由に ledger のコマンドが発行できる.

#begin_src ledger :cmdline org :results raw とかくと, org-table 方式でテーブル出力が可能だ. org-table からならば, R を利用し てデータ集計が可能.

まとめ

デメリット

ledger の最大のメリットは, データを簡単にフィルタリングできるという ことだと思う. しかし, 以下のようなデメリットもある.

  • データの加工は不自由 (ledger 仕様)
  • グラフもかけない
  • クラウド連携もできない

あわよくば複式簿記をみにつけたい

しかし, 自分はしばらく ledger を利用しつづけようと思う. あわよくば ledger を通じて複式簿記をみにつけたい.

ledger には, 複式簿記用の大量の機能が備わっている. これらはほとんど理解していない. データ加工は, 必要に応じて Excel や Gnu Cash をつかいわけることにする.

environment

  • Arch Linux
  • Ledger 3.1.0