• このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

はじめに

SICP を Emacs Lisp でとくという, やや無謀なことに挑戦中.

SICP 自体は Scheme をベースにかかれているので, 例題や回答を elisp に置き換えながら読んでいく.

Emacs Lisp は不自由なもので, 結構ハマリポイントがあった.

第一章がようやく終わったところで, いったんたまったノウハウをはきだしておこう.

よくある置き換え

defun

毎回ある置き換え.

;; scheme
(define (hoge x) x)

;; emacs lisp
(defun hoge (x) x)

cond

cond の書き方について,

  • scheme は 一番最後に else をつける.
  • elips は 一番最後に t をつける.
(cond ((= 1 1) 1)
      (else 2))

(cond ((= 1 1) 1)
      (t 2))

高階関数

関数にの頭に ‘をつけて別の関数の引数にすると, 関数は評価されずに引数に渡すことができる.

評価するときは, (funcall f) のように funcall を呼ぶ.

ローカル変数

elips は scheme のように, 関数の中に関数をかいても 変数や関数のスコープを限定できない.

let, let*, letrec が利用をうまくつかって, ローカルな変数や関数をつかう.

ローカル関数の定義

let + lambda を利用する, 変数に無名関数を bind させることで実現する.

(let ((p (lambda (a) (message a))))
    (funcall p "hoge"))

letrec を利用する方が正式か?

letrec の rec は 再帰のこと. let は再帰関数が定義できないが, letrec はできる.

落とし穴

Dynamic Scope

Emacs Lisp は Dynamic Scope という方式をとり, 名前空間がない. なので, 安直な a とか sum とかいう関数を名づけてしまうと, うっかり他の関数と競合する.

できるだけ, 他とかぶらない関数名をつけるほうが無難.

Emacs24 からは, ファイルの先頭に以下を書くと, setq で宣言した変数は本当の Lexical Scope になる.

-*- lexical-binding: t -*-

高階関数で 関数がわたせない

無名関数を入力しても, なぜか Symbol value as void となる.

以下を行頭に買いて, M-x eval-buffer で評価することで, 回避できた.

;; -*- lexical-binding: t -*-

max-lisp-eval-depth 発生

Emacs Lisp は 末尾最適化がされないため, 深い再帰処理をかくと, よくクラッシュする.

これによって, 解くのを諦めた問題多数. これが Elisp の限界か.

その他

自分一人で行き詰まった時は, 先人の知恵を拝借する.