• このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

はじめに

RPubs は R Studio に依存する R markdown 共有サービスなのですが, R Studio を利用せずに, Emacs から 投稿できるか調べてみました.

rpubsUpload をつかう

結論としては, rpubsUpload という関数を利用すると, コードを評価することで RPubs に投稿できる.

# Upload をする
result <- rpubsUpload ("My document title", "Document.html") # Upload 結果をブラウザで開く if (!is.null (result$continueUrl)) browseURL (result$continueUrl) else stop (result$error) [/sourcecode]

ブラウザを開くと, ログイン画面が現れるのでログインして OK を押せばよい.

Emacs から投稿

R markdown を Emacs から投稿

Emacs で R Markdown を作成して, 投稿することができる.

以下の記事を参考にして Rmd を html に変換して, コードを評価する.

# Upload Test

see: [rpubsUpload – R Graphical Manual] (http://rgm3.lab.nig.ac.jp/RGM/R_rdfile?f=markdown/man/rpubsUpload.Rd&d=R_CC)

# upload a document

this is my first upload from function

“`{r sample, echo=TRUE, results=’hide’}
require (markdown)
result <- rpubsUpload ("rpubsUpload usage", "RpubsUploadSample.html") if (!is.null (result$continueUrl)) { browseURL (result$continueUrl) }else { stop (result$error) } ``` [/sourcecode]

org-mode から投稿

markdown よりも org-mode のほうがなれているということもあり, org-mode からも投稿してみました.

M-x org-html-export-to-html で org-mode を html に変換して, コードを評価.

# * Upload Test
# this is my first upload from Emacs org-mode
#
# ** convert to html
# M-x org-html-export-to-html
#
# ** run script
#
# #+begin_src R :eval query
# require (markdown)
# result <- rpubsUpload ("Emacs org-mode upload", "UploadFromOrgMode.html") # if (!is.null (result$continueUrl)) { # browseURL (result$continueUrl) # }else { # stop (result$error) # } # #+end_src # [/sourcecode]