• このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

はじめに

2015 年の初仕事は, Windows 2003 サーバの障害復旧から始まった.

結局復旧できない (データロスト??) なので, 明日も頑張ります.

ということで, 明日やることのメモ.

今日は, Windows2003 サーバを再インストールしたので, 明日はユーザとグループを作成し直す. できれば, コマンドラインからやりたい.

コマンド

管理者権限で コマンドプロンプトを起動.

ユーザ管理

net user コマンドを利用する.

ユーザー名 + パスワードを指定して アカウント作成

net user <ユーザ名> /add

net user tsune password /add

アカウント確認

net user tsune

ユーザー名                           tsune
フル ネーム                          西郷隆盛
コメント
ユーザーのコメント
国/ 地域番号                          000 (システム既定)
アカウント有効                       Yes
アカウントの期限                     無期限

最終パスワード変更日時               2015/01/05 15:37:36
パスワード有効期間                   2015/02/16 15:37:36
パスワード次回変更可能日時           2015/01/05 15:37:36
パスワードあり                       Yes
ユーザーによるパスワード変更可能     Yes

ログオン可能なワークステーション     すべて
ログオン スクリプト
ユーザー プロファイル
ホーム ディレクトリ
最終ログオン日時                     なし

ログオン可能時間                     すべて

所属しているローカル グループ        *HomeUsers
                                     *Users
所属しているグローバル グループ      *なし
コマンドは正常に終了しました.

本名も追加

net user tsune password /add /fullname:"西郷隆盛"

グループ管理

net localgroup コマンドを利用する.

グループ新規作成

net localgroup <グループ名> /add /comment:"<テキスト>"]

net localgroup hoge /add /comment:"実験"

グループにユーザを所属させる

net localgroup <グループ名> <ユーザ名> /add

net localgroup hoge tsune /add

ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要のオブションを有効にする.

これは, 初期パスワード設定後に, ユーザにパスワード変更を強制するための仕組み.

Windows Vista, Windows Server 2008 以降では, 以下のオプションが利用できる.

net user tsune passoword /add /logonpasswordchg:yes

Windows Server 2003 では??

WSH を利用すればできるぽい.