• このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

はじめに

今年の目標は, Emacs Lisp がかけるようになること.

というわけで, 新年早々, Emacs Lisp をはじめて書いてみた.

書き初めみたいな. ちなみに, 初夢はなにもみなかった.

はじめて??

はじめて というと, 正確にはウソ.

今までは他人の書いた Code をコピペしたり, 部分的に書き換えたりしながらつかってきた.

今回は, コピペではなく, 文法を理解しつつ書いたという意味で, はじめて.

文法の勉強

まずは, 文法を知らないとなにもできないので,

以下の本のはじめのほうを読む.

書いたもの

もちろん, 他の人の書いたものをベースにして書いた.

ERC で キーワード が呼ばれたら, Growl で通知

Linux では erc-nick-notify があるのだけれども, Windows 環境で 通知する elisp がなかったので,つくってみた.

つくってみたのだが, テストできないので, テストしていないという. . .

元ネタはこれ.

Windows 環境での Growl の設定は以下を参考にした.

Growl を利用すると, Alt+x, Alt+Shift+x が利用できなくなるという 致命的な問題がある. なんと, M-x が利用できない!

%USERPROFILE%SettingsData\2.0.0.0.config

で Alt+X とかいてあるところをべつのものに修正すればいい.

つくったもの

というわけで, 作成したのは以下.

初仕事は会社で elisp のデバッグだ!!

休憩時間をタイマーではかる

休憩時間に休憩中というメッセージを画面に表示して, 休憩時間を計測する elisp.

こんな感じ.

150102_elisp.jpg

以下を参考にした.