• このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

はじめに

2014 年にかいた過去記事を振り返りつつ, 2015 年の目標をたててみる.

2014 年の目標

2014 年の主な目標は以下

  • オブジェクト指向に慣れ親しむ
  • デザインパターンを学ぶ
  • 関数型言語に触れる
  • MOOC をがんばる

新年の記事.

2014 年のまとめ

Windows を捨てて Linux になった

Eclipse を捨てて Emacs になった

テキスト環境にすんでいると, 自然に Emacs を利用するようになった. そして, 気づけば, かなり Emacs の改造に熱がはいってしまった.

C 言語を捨てて Rubist, Javaer になった. いろんな言語に触れた

仕事では, Ruby, Java をつかうようになった.

また, MOOC を利用することで, 多くのプログラミング言語をまなんだ.

オブジェクト指向とデザインパターンをまなんだ

とくにデザインパターンを今年は努力した.

関数型言語にふれた

一番がんばったのは MOOC

2015 年の目標

旗があれば, そこにむけて進んでいける.2015 年のすすむ方向をきめる.

2015 年は統計解析と関数型言語の学習に力をいれたい.

統計解析

統計学・データマイニング・機械学習・ビックデータ解析の知識に触れる.

もうこの記事がかかれてから 5 年が過ぎた.

今や本やさんにいくとデータサイエンティストやビッグデータという本でいっぱいだ.

学習の手段は去年からの MOOC を考えている.

Gakko とか, Coursera や edX に比べれば…と軽視していたけどこれやってみようかな.

関数型言語

2014 年で関数型の考え方になれたので, 2015 年はより知識を深めていきたい.

できれば, Emacs Lisp のひとつやふたつは簡単にかけるようになりたい.